2016年6月 1日 (水)

「Scala福岡2016」に行ってきた

Scalaを実際に書いたことはないけど、
Scalaの初心者ページは見てたので、Scala福岡に行ってきた。

書いたことがないから、ほぼわからない気もしていたが、
なんとなく雰囲気がつかめたのは、よかったかな。
ただ、実際に書くとすると、何をしたらいいのやら。。

さて、会場は、初めての場所だったが、
入口の狭さと比べて、中は広めだった。

ハンズオンは、PCの持ち込みが必要だったので、
今回は拒否して、実践トラックで、もふもふしてた。

では、以降にそれぞれのセッションについて書いていく。


サーバーレスScala
資料:Serverless Scala

Pythonみたいにツールを書くとか、
ちょっとしたものを作るための話かと思ってたが、違ってた。。

ちょっとしたものというのは、合っているけれども、
web上にAPIを作る話だった。

AWSを利用する話だったが、
AWS LambdaとAPI Gatewayを利用して、
ちょっとしたAPIを作るという話。
これを軸に、サービスとサービスの橋渡しをする。
ツールっぽく利用する方法として、
サーバ系初心者には、おもしろそうな話には思えた。

デモを見て、Scala初心者だからなのか、
antみたいなビルドツールがあるんだなと感じたのが一番の衝撃。


Play Framework 2.5 でつくる Web アプリケーション
資料:Scala Fukuoka Play 25 2016

Play Frameworkの特徴的な話と、その突っ込んだ説明だった。
Scalaというより、Playに目を向けた話。
フレームワークなので、こんな便利なところがあるとか、
ここはちょっとダメだったの話があった。

Scala自体がさっぱりなので、
気になったのは、コンパイル時間の話と、バージョンアップの話。

資料の時間が短めだったので、
何とも言えないけど、そんなに遅いのだろうか。
今は、でっかくなると、
気になるレベルなのかなぐらいの感触しかないので、
実際にやってみないとわからない悩みだろうな。
Androidも1日かかるからなぁ~とか遠い過去を眺めてた。

あと、バージョンアップで、互換性がないのがつらそう。
フレームワークじゃなくても、
前のが動かないのはつらいよね。悲しいよね。


エレガントなコードのための関数プログラミング入門
資料:Scala Fukuoka

最初は、こんな話が続くのかと思ったりもしたが、
Scalaを知らないだけに、楽しめた話だった。
結局、関数型プログラミングは謎のままだが、
式と文の話は、手続型との区別の話としてわかりやすかった。

ただ、PlaceholderとMethod Valuesの説明とか、
消化不良なものもあった。
コンパイルで差があるらしいけど、
結局意識する必要はないのかなとも思ってる。

突っ込んだところは、やってからおいおいだろうけど、
(使うとつらいこともあるという説明もあったし)
関数型への入門として、楽しめた。


Option型を使いこなして初心者から中級者へ
資料:Option型を使いこなして初心者から中級者へ / scala fukuoka

Optionという謎の型の話だった。
当初、nullとさよならするために、Optionがあると始まった。
これだけだと、手続き脳からすると、
最初にnullチェックをすればいいじゃんと思ってしまう。

関数型的な思想だと、関数の置き換えができない的な観点から、
NGな思想だと思えるが、better-javaと言われると、使うかなと悩む。

ただ、最後の例のところで、Futureを使うところがある。
ここに関しては、この機能あれば、楽なんだろうなと思った。

同期待ちをがりがりと書かずに、
Optionを利用したfor式の記述で、勝手に待ってくれるらしい。
すごく、すっきりしそうな記載だった。


まとめ
各セッションはこんな感じで、初心者としては、
消化不良もあるが、雰囲気がつかめたのは収穫だったかな。
どちらかというと、Scalaの考え方が、おもしろいんだろうなと感じた。

サーバに出会わない世界だと、
scala自体を見かけることがないので、
手始めが難しいが、なんかネタを探すかなぁ


リンク:
connpassのScala福岡2016


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

システムプロパティのガードの仕組み on Android 6.0

久々にシステムプロパティの仕組みを見てみたら、
ちょっとずつ変わってるのね。

adb shell getprop [<name>]
adb shell setprop <name> <value>
で見たり、変えたりできるけど、 変えるのはいろいろ制限がある。

そして、ここもSELinux対応のときに、
SELinxuの仕組みでガードがかかるように変わってるらしい。

組み合わせに使ってるbionicのほうも、
C++化して読むのがつらくなってるし、なんだかな。。。


仕組みは、ファイルを共有形式でメモリにマッピングして、
各プロセスから見る感じ。
書き込みに関しては、initさんが制御するので、
ソケットを経由して、initさんがいろいろチェックする。
LSM導入前は、ガードがuid/gidのチェックだったのに、
LSMの仕組みを利用したチェックになったのね。

bionic側の比重も高くなってる気もするけど、
共通部分を考えるとそんなものかなぁ。

C++を少しはやらないと、置いて行かれるな
(プレイスメントnewとは初めて知った・・)

initさん側は、system/core/init/property_service.cpp 辺り。
bionicさん側は、bionic/libc/bionic/system_properties.cpp 辺りを見て、
もごもごしてた。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

「京都寺町三条のホームズ」を読んで

長い期間が開いてたけれど、
本は適用に読みふけってた。
あと、Gradleさんとも少しは友達になれたかな。。

京都寺町三条のホームズ京都寺町三条のホームズ2
望月麻衣:著(双葉文庫)


ライトミステリーって言葉と表紙の絵につられて買ってみた。

ライトミステリーってのが消化できていない言葉なのだけど、
殺人とかひどい感じじゃなくて、
日常のちょっとした事件を解くみたいな感じだったかな。
どこかにあったけど、曖昧のまま。

ただ、読んで行くとわかるだろうが、
個人的にはミステリーって感じがしない。
探偵役が超人的なのもあって、
ほんわか恋愛模様がある日常を描いた感じだった。

題材として、古美術や京都を取り入れた物語。
描写としてきちんとしてあるのだろうけど、
古美術も京都もさっぱりな私には、
風景を思い浮かべる材料がないのがつらいところ。
この点は、魔法とかSFが好きだから、仕方ない。

ってことで、ミステリーを目当てとすると、
ちょっと弱いのかなと感じる。
流れが速いってのも一つの要因なのかもしれない。

2巻の最後の物語への伏線かと思うと、
少しましだったけど、ちょっと投げ出しそうだった。

キャラに愛着を持って楽しんでほしいって感じかな。
とりあえず、3巻も続けてがんばる(謎)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

「独学術」を読んで

だいぶ期間が開いてしまったが、
いつものごとく、だらだらと過ごしてた。
ただただ・・首が痛い・・

独学術
白取春彦:著(ディスカヴァー携書)

ある意味、すごく失敗した本だった。
帯に「独学の奥義」と書いてあるが、
最期のほうにある「携書のためのあとがき」の記載を読んでから、
本を手に取るかどうかを考えてほしい。

そのあとがきにもあるけれども、
やり方とかの話ではなく、
どういう姿勢で臨むべきかが書いている。

もちろん、やり方が目的だったので、
途中で捨てるか悩んだけど、最後まで読んだ。
そして、最後の「携書のためのあとがき」を読んだ。
だから、失敗した・・と感じざるを得ない。


はっきり言って、現時点で、
私はここまでを望んでいない。

でも、著者の思想を見るうえで、
納得できる部分もあれば、参考になる部分もある。
大半は、望まない重い部分だけど・・・


そして、著者が語る源流を探る意味で、
聖書をちょっと斜め読みしたい気分になった。
外国語の習い方も、他と違って、新鮮味がある。

考え方を学ぶという点では、
ちょっとつらい部分もあるが、おもしろい本だと思う。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

「速さは全てを解決する」を読んで

あけましておめでとうございます。
昨年もまばらな更新だった。

昨年に読み終わってたけど、
いつものごとく忘れてモンハンクロスをやりふけってた。

速さは全てを解決する
赤羽雄二:著(ダイヤモンド社)

本の著書を読んでないままと疑われそうな
遅い更新を実施してみたが、
判断が早ければ・・と、ごまかしておく。


ゼロ秒思考も同じ人が書いていて、
読んだ気もするのだが、
はっきりと記憶がないのがつらいところ。
基本は、
「完璧を目指さずに、小さなPDCAを回そう」
を勧める本のようだ。

小さなPDCAを回すことで、
方向補正を早めに行い、目標に向かうことが
一番速い道とうたっている。
そのうえで、
依頼内容がはっきりしないことへの対処や、
捨て去るべき状況といったような、
トラブルシューティングに関しての記載もある。

さらに、もう少し具体的なやり方へも言及している。


同様の本を読んだことがなければ、
ちょっと立ち読みして判断するのがいいのかな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

楽天テクノロジーカンファレンス2015に行ってきて

FF14で命削ってたので、
久々に現実世界に降り立った感じだった。
命の削り過ぎで、寝てもHP回復しないので、
座ってるだけでもしんどいのだけど、
自分のやってた世界と違ってて、
さらに、つながりも見えたりして、楽しめた。

ってことで、
楽天テクノロジーカンファレンス2015の
福岡会場へ突撃してきた。


福岡は、一部ローカル開催で、他は中継となってた。
福岡の方は、やさしいので、日本語でやってくれたのだけど、
中継は、英語だったので、さっぱり。
もちろん、途中で逃げました(キリッ)

何故、英語を進めるかという、
英語字幕の英語音声の動画を見て、敷居高い会社だなと、
改めて感じてしまった。。。
グローバル展開する上では、
理に適ってる理由に見えたけど、
つらいぽよ。


さて、
英語への愚痴は、こんなところで、感想へ移ろう。
福岡の方は、金融系メインなのかな。


Transaction System Technologies For Financials
金融系システムの基本的なところの解説と近未来の技術の話でした。
ACIDとかの実例を聞けたのが印象的だった。
情報システムの試験に出てから聞いたことなかったので、
サーバー・システム構築だと基本なんだなと感じた。

一方で、開発期間や効率化の観点から、
ミドルウェアが重要な点を占めてる感じも聞けてよかった。

一番興味持ったのは、セキュリティ対策として、
HW的に暗号化や圧縮・解凍の埋め込みを進めてる点だった。
メモリ上の暗号化とか、OSとかに手入りまくりかと思ってたけど、
オラクルさんが進めてるらしいので、良しなにやってくれそうとのこと。

Better working framework for smart device service
AndroidとiOsでそれぞれアプリを作ってるので、
こんな工夫したので、効率アップしたぜって話だった。
開発順の話はちょっと考えればとも思ったけど、
意識統一の話になるとか、土台しっかりしてる人が集まってると感じる。
AndroidもiOSもどちらもみんな読めるようにしてもらったとか、
英語じゃないと、メンバー的につらかったとか、
私からすると、敷居の高さを感じる内容だった。
でも、やっぱり、レビュー大事ってところは、どこも共通だった。

From occult to science
感覚的に障害対応してるのをできるだけ手続き的にやれるようにって話だった。
私はサーバー連携とか手を出したことがないのだが、
サーバー毎のログは素直だけど、
サーバーつなぐとログを取って観測するには、ひと手間必要。
その為に、こんなツールあるよって紹介だった。
ツール毎に、一長一短があるみたいな説明だったけど、
どこの世界も似たようなもんだなぁ。
"almost Japanese"の宣言が素敵だった。


最後に、お弁当をいただいて、
昼食代が浮き、助かりました。
ビアパーティで話をしてみたかったけど、
英語に挫折しました。。
ちょっとだけ、ヒアリングをやってみようかな。。(遠い目)

リンク:
楽天テクノロジーカンファレンス公式


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

「減らす技術」を読んで

いろいろやる気がなくて、
惰性で過ごしてる日々。

引っ越しのときの本の整理で、
見つけた本を読んでみた。

減らす技術
レオ・バボーダ:著(ディスカヴァー・トエンティワン社)

生活も惰性なら、
本を読むのも惰性だった。

最初のほうは、
情報整理の著者のノウハウを
まとめている感じ。

題名にあるように、
どうやって選択を少ないし、
その選択肢に集中するかに、
論点の中心なのかな。


目標がない私には、
いろいろと実現前の障壁がきついとか、
ネガティブな思考にふけてたが、
やりたいことをいかにやるかには、
いい心構えに見える。

そして、習慣にすることが、
減らすことの一つの武器になってる。
ここも納得のいくことで、
やろうと思ってやると、
重い腰がぁ〜とか、言い訳が出てくるが、
いつもやってるとそうでもない。
それを実践しろってことだ。


最後のほうは、食生活を含め、
健康管理にまで話が進むが、
ここは、完全に惰性だった。

私的に、そんなのは技術して求めてない。
というか、別の題名の本を探しそう。


どうにか読みきった感じになったが、
まずは目標を作らないとだめだなぁという感想。
やりたいことがないと、
技術を駆使する意味もない感じだしな。

情報に埋もれて、日々てんてこ舞いな人は、
軽く読んでみてはいいかもしれない。

おもしろそうなゲームないかなぁ〜



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

「統計学が最強の学問である」を読んで

もっと小説を読んでる気がするが、
そのまま流れてしまってる。

そして、久々にでっかい本を読んでみた

統計学が最強の学問である
西内啓:著(ダイヤモンド社)

 
相変わらず、途中で止まるので、
前半と後半の感情が切り変わる。
いいことなのか、悪いことなのか。。

さて、この本は、
統計学がすばらしいということを
解説した本である。

数学をかじったことがある分、
前半の数字をいじる部分に興味を覚えたが、
後半は惰性が半分あった形。

前半は、統計学を使うと、
こんなことができるよとか、
こんなことやってるよという
統計学のイロハみたいなことが書いてある。

主に、「一般化線形モデル」という概念の解説と
言ってしまえばいいのかな。

ここまでは個人的によかったのだが、
その後は、統計学の政治的な分野。

政治的というか、縄張り争いなのかな。
ただ統計学と言っても、
分野によって目的が違うので、
思想も異なってるという当たり前のことが、
書かれている。

分野とか考え方は独特なのだけど、
目的を聞くと納得という説明。
ただ、日本語がちょっとわかりにくい感じがした。

統計学の分野の広さが根底にあるのだけど、
目指すものが別物っぽい印象も受けたので、
ある意味、混乱させてくれる。


この本の一番の特徴は、
広い統計学の範囲に対して、
知りたいキーワードがわかる点かな。
入門書のたぐいになるが、
最後まで行き着くには、
ちょっとつらい。
詰め込みすぎな気がする。

時間が取れる人で、データをうまく使い人は、
手にとってみたほうがいいと感じた。
ただ、目的がはっきりしているならば、
もっと局所的な本がいいのかもしれない。

統計学のエッセンスみたいなものは、
感じ取れたので、他にもあたってみるかな。
「データサイエンティスト」なる言葉が気になるし。。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

つながらないOCN

引っ越しました。

また、いろいろもめました。。

一番最後までつらかったのは、
プロバイダのOCNかなぁ〜。

なぜ解約しないのか。。
メールアドレスだけの問題なんだけどなぁ。
なかなか断ち切れない。

最近は、
メールだけのコースもできたみたいで、
以前よりは少しましかなぁ。

OCNのアクセスポイント以外では、
いろいろつながらなかったが、
それは改善されたらしい。


それよりも、一番の問題なのは、
OCNに対して、
問い合わせがほぼできないこと。

ウェブの手続きで、電話しろと画面に出たけども、
電話先のサポートセンターにつながらない。

かけ直せと言われることもあったが、
混雑してるのでこのまま待てと言われることも。
5分じゃつながらないし、
仕事の休み時間にやるのは無理だね。。

改善する気もないらしい。
(電話かかってきて聞いたら、
 改善するとは言わなかった)

仕方ないので、
問合せのウェブで引越し手続き通知すると、
電話かかってきたのが、一週間後だったかな。

最初のやつで連絡ないから、
再びやって次の日だったから、
手続きさせる気がないらしい。


結論からいうと、OCNは、
暇な人(だいぶ前と変わってなければ、
 電話で1時間の待ちアナウンスに耐えれる人)しか
満足なサポートは受けれないんじゃないかな。
ウェブでやっても、一回目は無視されて、
何度か続けて、
遅れる分は、OCNの責任でーとか無理難題書かないと、
連絡くれないらしい。


これを教訓に、
仕事の反応は早いほうがいいなーと思う経験だった。

遅いと、悪いことがたまる感じねぇ。


ちなみに、料金支払いは、
高くても振替用紙もらうことに。。
振込をやめる以外に、
解約手段ないですよねというと、
誤りの言葉だけだった
(改善する気はないらしい)

しかも、電話の時間がないから、
可能な限りメールで情報くれと提案しても、
一切くれませんでした。。
引越し後の料金プランのメリット、デメリットぐらい
メールで送ったほうが楽なのに、
全部電話でしかだめらしい。
混雑してるのも、
改善する気がないのが原因なんだなと
わかる対応だった。

他のプロバイダってまともなのかなぁ〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

「彼女との上手な別れ方」を読んで

前回のデビクロくんで火がついたというか、
何か落ち着いてる期間みたいなので、
手に取ってみた。

彼女との上手な別れ方
岡本貴也:著(小学館文庫)

題名は結構ヤバい。
タイトルをそのまま信じると、
読んでみて悲しい気分になる恐れがある。
それだと、ちょっとな・・と思ってたが、
帯にその意味が重要なことの記載があった。

そのままじゃないんだなってところで、
買うことができた。


映画だと、「想いのこし」らしいけど、
こちらのほうがしっくりくるかな。
(インパクトは下がるのだけど)

出だしは、正直期待はずれかなと思った。
二人の視点でそれぞれ語られる形となっている。
短編集っぽいのりなのかなと思いつつ、
彼女と結びつかない展開だけに、
期待がそのまま反転してしまった。

ただ、後半に進むにつれて、
主人公の心情が変わっていくところ、
そして、
人間関係が反転していくところから、
期待していた色に世界が変わる。

エピソードが分かれてるので、
区切りでうるうるときてしまった。


序盤は我慢になるかもしれないけれども、
その反動の為か、感動的になる。
うるうるを求めて、時間がある人は、
読んでみてはどうかなぁ。

ただし、
本を知り合いに見せるのは、
止めた方がいい。

買ってみたと見せると、
すごい反感を買ってしまった。。
気をつけてください。
(映画化されてないと、
 言い訳話になりそう。。)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

«「デビクロくんの恋と魔法」を読んで