« やふぅ~の動画 | トップページ | あと一夜 »

2006年8月30日 (水)

「知の休日」を読んで

ながーい時間をかけて、
「知の休日」
(五木寛之、集英社新書)
を読み終えた。
アマゾンのページ

最初はさくさく読んでたけど、
なんかのきっかけでとまってしまった。

で、なんとなくあと少し残ってた部分を読んで完読。

空いてる期間で、
忘れてる部分も多いけど、
著者によるとそれはそれでいいのかもしれない。

いろいろな項目について、
ある種の「遊び方」を紹介している本。
自分の関心のある項目、
もしくは、全然ない項目が載ってれば、
なにか発見できるかも。
そんな本だった。

「退屈な時間をどう遊ぶか」という副題にあるように、
時間のつぶし方の参考書という感じと、
それに関する著者の考えが聞ける。

それは別として、
年齢、時代とともに考えも変わるので、
読み直しなどもあると書かれていた。

退屈しのぎをつづっただけで、
今は、ぼぉ~っと読んでたものだが、
少し時間がたてば、別の感想がみえてくるのかな。


|

« やふぅ~の動画 | トップページ | あと一夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/3250909

この記事へのトラックバック一覧です: 「知の休日」を読んで:

« やふぅ~の動画 | トップページ | あと一夜 »