« うぃに~の隙間産業 | トップページ | ひさびさの休み »

2007年6月18日 (月)

三毛猫ホームズの失楽園を読んで

実家への往復の時間つぶしに買った
「三毛猫ホームズの失楽園」を読み終えた。

今まで見てたのと違って、
物足りない気がしてしまった。

途中で、斜め読みというか、
飛ばし読みをしてしまったからかもしれない・・。

失楽園との名に恥じないように、
はじめから妖しい展開で始まる。
そして、
そのことが主軸となって、展開していく。

私的には、
事件があまり発生しない展開に、
少し不満があった。

探偵小説っぽく思っていたので、
失楽園というテーマ性が強いから、
そう感じたのかもしれない。

でも、物足りないというか、
推理ショーが楽しめなかったというだけで、
楽しくないわけではない本だと思う。

探偵小説ってよりも、
別方面を望んでいる方には良い本なのかな。

リンク(アマゾンと感想2点):
amazon:三毛猫ホームズの失楽園
『三毛猫ホームズの失楽園 / 赤川次郎』 on 2番目の居場所
三毛猫ニャー on toconatsu

|

« うぃに~の隙間産業 | トップページ | ひさびさの休み »

コメント

大上段にふりかぶる作品ははずすことが多いのは、マーフィの法則ですね。
まぁ、そもそも赤川次郎に期待をする方が間違いかも。
三毛猫シリーズは最初のほうは面白かったけどね。一時期ははまったものです・・・。

投稿: かものはし | 2007年6月19日 (火) 02時03分

赤川氏のファンには、いろいろあるみたいですね。
私は、以前読んだ三毛猫が楽しかったので、期待してました。旅行ついでに買うので、新しいのが多いですが、最初のほうを手に取ってみようかな。

投稿: めろ | 2007年6月20日 (水) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/6832492

この記事へのトラックバック一覧です: 三毛猫ホームズの失楽園を読んで:

« うぃに~の隙間産業 | トップページ | ひさびさの休み »