« ランスはじめました | トップページ | カプコン公式の日本語おかしくない? »

2007年7月18日 (水)

「パズル」を読んで

久々に小説を読んでみた。

パズル(山田悠介著/角川文庫)

帯に書いてある
「2000ピースのパズルを探せ」
というのが気になった。

後ろを見ても、
エリートタイムリミット等のキーワードが
気になって何度か手に取っては、
買わずにいた小説だった。

目次見て、サッカーかよ!って思って、
遠く見てしまった面もあったけど・・。

そんな経緯もあって、
ゲーム熱が冷めたときも重なって買ってみた一品。

感想としては、
スピード感がある展開が楽しかった。

サスペンス的な要素は、少なく、
登場人物の心情的な要素が多く、
人の心の動き等は、楽しめた。

呪縛からの脱出成長の軌跡。

そんなことをテーマにした小説と思えた。

スリリングな要素が少ないので、すぐに2度目とは思わないが、
長い時間を置いて読むと、違う面が見えそうだな。

リンク:
いつものアマゾンリンク

|

« ランスはじめました | トップページ | カプコン公式の日本語おかしくない? »

コメント

Hello, Your site is great. Regards, Valintino Guxxi

投稿: | 2007年7月19日 (木) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/7184695

この記事へのトラックバック一覧です: 「パズル」を読んで:

» 脱出ゲーム【無料脱出ゲーム大百科】 [脱出ゲーム【無料脱出ゲーム大百科】]
脱出ゲーム大百科では無料のおもしろ脱出系ゲームを攻略ポイントやゲームのポイントなどと共に色々紹介します。 初心者でも簡単に始められるゲームから難易度の高いゲームなどフラッシュ(Flash)で作られた無料の脱出ゲームにハマッて下さい。 [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 13時16分

« ランスはじめました | トップページ | カプコン公式の日本語おかしくない? »