« MHFって結局MH2以下なのか・・ | トップページ | モンハンが壊れていく・・ »

2007年8月30日 (木)

「Aコース」を読んで

前回の「パズル」に引き続いて、
同じ著者の本を読んでみた。

Aコース(山田悠介:幻冬舎文庫)

後ろを見る限り、
バーチャルワールドが舞台設定となっていて、
その世界からの脱出ゲームを書いてるらしい。

不可解な事件とかもあるらしく、
探偵小説っぽいのかなーと思ってみたが、
実際はそうではなかった。

謎はあったが、
それを解いていくような感じではなかった・・。

バーチャルワールドという舞台設定だけど、
病院という設定のほうが深く、
バーチャルという世界が好きな私にとっては、
少し物足りない状況だった。

わくわく感があまり感じられず、
謎もぽっと回答がでるような感じで、
物足りなく感じてしまった。

移動中の電車の中で読みきってしまったのが
ある意味まずいのかもしれないが、
もっと深い方向を描いてほしかったと思う。

同じように「Fコース」という作品もあるようだけど、
どんな作品なんだろう。
女の子が主人公っぽいので、
「Aコース」の女版かとも感じたが、
それだと、私には、ちょっと物足りないだろうな・・。

|

« MHFって結局MH2以下なのか・・ | トップページ | モンハンが壊れていく・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/7731978

この記事へのトラックバック一覧です: 「Aコース」を読んで:

« MHFって結局MH2以下なのか・・ | トップページ | モンハンが壊れていく・・ »