« ゲーム市場は進展するのか | トップページ | 意外にでかいWiiFit »

2007年12月 1日 (土)

「プログラムはなぜ動くのか」を読んで

コンピータのプログラムがなぜ動くのか。
聞かれたら、さっぱりな質問。

プログラム書いて、ビルドしたら、
exeできて、動くよ・・くらいの認識。

そんなところから、
一歩踏み込めるかなと思って買ってみたけど、
踏み込めてしまった。

プログラムはなぜ動くのか
矢沢久雄:著(日経BP社)

半分くらいは、なんとなく知ってる内容だったが、
少し突っ込んだところまであって、
勉強になった。

それよりも、アセンブラ言語の
入門みたいな記載があり、
これが一番よかったところかな。

今まで、聞いたことはあるけど、
難しいイメージと、触りがたいイメージが、
壁となってた気がする。
それが砕けただけでも、
この本は十分意味があったかな。


プログラムを書かない人には、
重すぎる内容だとは思うが、
デバッグしてる人には、ありなのかな。

アプリ系な人は、
ここまで知る必要あるのか、さっぱりだけど(汗)


リンク:
amazon(第2版でてるお)
日経ソフトウェアの紹介ページ
ITPro著者の売れたことに対する記事

|

« ゲーム市場は進展するのか | トップページ | 意外にでかいWiiFit »

コメント

その本、並べた記憶がある…。

未だにCPUとグラボを聞かれて、答えられない程度の私には、一生無縁そうだな、と思った。

投稿: かものはし | 2007年12月 6日 (木) 23時58分

アスキー辺りから、手をつけるのがお勧めです・・(謎)

投稿: めろ | 2007年12月 7日 (金) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/9199174

この記事へのトラックバック一覧です: 「プログラムはなぜ動くのか」を読んで:

» プログラムはなぜ動くのか [義勇:日々多読]
正直むずかしめかな。プログラミングしたことがある人ぐらいでちょうどいいレベルかと。アセンブラ言語が出てきたときはびびったかな。 まぁ、アセンブラとか、大学でコンピュータのハードについて学んだことがある人なら理解が深まって良いんじゃないかな。私はけっこう楽し..... [続きを読む]

受信: 2007年12月29日 (土) 20時01分

« ゲーム市場は進展するのか | トップページ | 意外にでかいWiiFit »