« 連休の後遺症 | トップページ | スマブラ延期 »

2008年1月16日 (水)

「朝2時間早く起きれば人生が変わる」を読んで

久々の読書ネタ。
寝るの大好きだけど、
寝てるのがもったいないと思う私。

そんな感じで、睡眠ネタは興味あったり。

朝2時間早く起きれば人生が変わる!
宮西ナオ子:著(三笠書房)


結論から言えば、私には
あまりおもしろくない本だった。

朝早く起きることで得られる物について、
具体的というよりも、概略っぽく記載されてる。
そして、
実際の起きる方法になると、
がんばれ的なことしかない・・。

確かに、数週間かけて習慣化できれば、
達成できるだろうが。。。
何せ、最初の3日で挫折する私が居る。

早起きへの希望が持てる人なら良いが、
怪しく生活ずらしてる私には、
行き先を指差されてもつらいものがある。

ってことで、この本の対象は、
普通に生活してて、少し変えたい程度の人かな。
すでに、
快眠とか熟睡とか短眠とかに
手を出した人は、物足りない本だろう。


私には、2時間早いと良い事あるので、
がんばれって言ってる本に見えてしまう(汗)


参考に、短眠関連は、藤本憲幸著の本を見たことがある。
睡眠減らす具体的な方法があった気がするけど、覚えてない・・(汗)
amazonの検索「藤本 憲幸」

リンク:
amazon「今回の本」

|

« 連休の後遺症 | トップページ | スマブラ延期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/9908021

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝2時間早く起きれば人生が変わる」を読んで:

» あなたは何故成功できないのか? [セルフイメージ]
何故、ある人は簡単に成功して、ある人はいくらがんばっても成功しないのでしょうか?欲しいものを何でも手に入れてしまう人と、そうでない人の違いはなんでしょうか? [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 20時31分

« 連休の後遺症 | トップページ | スマブラ延期 »