« 「パプリカ」を見て | トップページ | 目がぁ~目がぁ~ »

2008年3月17日 (月)

「西の魔女が死んだ」を読んで

ライトノベルじゃない小説。
結構ひさびさかなー。

西の魔女が死んだ
梨木香歩:著(新潮文庫)

途中で、読むの停止してたので、
前半と後半で、微妙に感じが変わるかも・・

ってことで、てきとぉ~な感想を。

ライトノベルばかりだったので、
第一印象は、言葉難しい・・という、悲しい感想。
主人公は小学生なのだが、
そんな感じを感じさせない言葉の難しさ。
(ライトノベルばかりじゃだめってことね・・)


そんな、ある意味、年齢不詳な主人公「まい」の
心の動きを中心に、物語が進んでいく。
まいの「感情」が、西の魔女の言葉で、変化していく。

「負の感情」が爆発する手前ぐらいで、
私は一度読むのをやめてしまった・・。
この物語の中の理想的な良い関係が、
壊れてしまうのが少し悲しかったのかもしれない。
(ただ、他に興味が移っただけというのが本音かな)


なつかしいような、どこかに置き忘れてたような、
まったりとした風景が描かれている。
そして、西の魔女の不思議な雰囲気。

忙しい生活とは無縁な感じが楽しめる。


途中の「の感情」については、
私自身にも思い当たる感じがあり、
少しは反省が必要かもしれない。
(寝たら忘れてる私だが・・)


主人公と年齢の近い人には、
読んでもらってもいい作品かもしれない。
でも、個人的には、
時間がないと感じて、がんがん動いてる人にも、
心を休める意味で読んでもらうのもありかなと思う。
「負の感情」の受け方次第かな・・。
重く受け止めると、つらい作品だが、
「風景」を楽しむと、良い作品に見える。

途中でやめた感じも、
そんなところからくるのかな・・。

|

« 「パプリカ」を見て | トップページ | 目がぁ~目がぁ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/11426120

この記事へのトラックバック一覧です: 「西の魔女が死んだ」を読んで:

« 「パプリカ」を見て | トップページ | 目がぁ~目がぁ~ »