« しまなみ海道横断(準備編) | トップページ | 「本は10冊同時に読め!」を読んで »

2008年5月 5日 (月)

しまなみ海道横断(旅情編)

しまなみ海道サイクリングの本編をと。
(旅情と書いたのに、深い意味はないよ)

出発点への準備編は、前のを見てね。

今回のルートは、今治→尾道になる。

出発点はサンライズ糸山。
広島側から行くのに、ちと苦労しそうだけど、
豊富な自転車埋蔵量が魅力。

あと、挫折したときに、広島に帰りやすいよ・・(たぶん)

ってことで、出発。
いきなり、一番長い橋(来島海峡大橋)を渡ることに。
橋に入ると、ゆるりと下ってるっぽいので、
勝手に向こう側へついたりする。
でも、
途中の島にどうも降りれるっぽい。
車だと、島住民限定っぽいけど、自転車なら可能じゃないかな。

結構長い橋だけど、あまり景色楽しめなかった・・。
というのも、出発が予定より遅かったので、あせってた。
出発、10時40分なので、1時間に10km走る目標だったので。

ってことで、次回はまったりしたいな。。

橋を渡りきると、道の駅がすぐある。

Sa410107

橋は下りなので、疲れてないかもしれないが、
ここで、休憩をお勧めする。

というのも、この先の休憩場所が見つからずに、
トイレがピンチになったりしたから・・・。

最初の大島のサイクリングロードはいきなり、のぼり坂。
ゆるりと長い、いやらしいタイプだけど、最初なので、どうにか。
海沿いの道ではないので、少し楽しみがないかも。
ただ、結構入りやすい印象があった。

そして、ある意味、海が見えない苦痛の島を通過して、次の橋に。
伯方・大島大橋でも、途中に、徒歩、自転車用の島があった。
こっちは車の入り口もないので、専用かも。

そして、伯方島へ突入。

Sa410112

伯方島は橋の上からでも、好印象。
道の駅のマリンオアシスはかたは、
きれいな海岸もあって、かなり良かった。

Sa410114Sa410115

売り物は、塩とかお菓子で、あまりぱっとしたのはなかったかな。

伯方島は短い旅だけど、ルートをはずれると、
良い海岸いっぱいかも。

そのまま、大三島橋を経由して、大三島へ。
ゆっくりと下り坂なので、次の橋(多々羅大橋)まで結構気楽に。
橋の下の道の駅は、お土産いっぱいなので、ここがお勧めかも。
宅配もできるので、途中でためてた奴も送るといいかも。

Sa410119Sa410120
(㊧道の駅からの見た多々羅大橋と㊨幸せの鐘)

こっからは、いままで通過してる道の逆走になる。
足とお尻とすでに痛いので、気力勝負になってたり。

生口島(瀬戸田)は長いので途中で一度休憩した。
というか、一気に渡るつもりだったが、気力が・・。

街中過ぎて少ししたら、トイレあったので、そこで・・。
喫茶店とか止まればよかったと、ちょっと後悔。

そのまま、気力次第ということで、2箇所経由して尾道入り。
1箇所目は、因島のフラワーパーク前。

Sa410123

季節悪かったせいで、きれいって印象がなかった。
パンフレット見る限り、季節次第で、カクヘンかも。

次は、因島大橋にあるSA。
高速のSAだけど、因島大橋の因島側に、侵入路がある。
見納めのポイントになるのかな。

そして、向島の駅前渡船から、駅前に。
丁度祭があっててすごい人ごみだった。

気力ないとだめだなと思った。
それにしても、お尻と足がもうだめだな・・。


最後に、一緒に旅した自転車を紹介。
序盤で勝手に、「ヘルスクラッシャー」と命名。

Sa410122

左右のギアのうち、左のギアを使うなと言われたが、使ってしまった・・。
そのおかげか、踏み込んだときに、たまに、ギアが不調に。
出発時とか、坂前で気合入れて踏んだときに、
ギアが外れたような空回りが発生し、足が・・・。
名前の通りに、足に止めを刺す努力をしてくれた一品。

次は、ロードタイプにしてみようかな。

|

« しまなみ海道横断(準備編) | トップページ | 「本は10冊同時に読め!」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/20764543

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ海道横断(旅情編):

» しまなみ レンタサイクル・バイク、ツーリング [今治バリバリリンク集]
瀬戸内しまなみ海道沿線ではレンタサイクルを運営しています。各地区に設置された14ヶ所のレンタサイクルターミナルであれば借りることも乗捨てる事も自由なシステムになっています。 また、今治地方観光協会では、観光客向けのレンタサイクルを今治地方観光旅館ホテル同業組合に貸与し、市内の宿泊施設に配備して宿泊者を対象に無料で貸し出しています。 自転車は好きな時間に好きな場所に気ままに行けて便利です。今治のぶらり旅をお楽しみ下さい!  [:おてんき:] しまなみを走りたくなったら [:自転車:] ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 09時09分

« しまなみ海道横断(準備編) | トップページ | 「本は10冊同時に読め!」を読んで »