« しまなみ海道横断(旅情編) | トップページ | しまなみ海道横断2回目 »

2008年5月 6日 (火)

「本は10冊同時に読め!」を読んで

速読は視力回復の為にも有効みたいなのを
どっかで見たことあったけど、
そんな速読関連の本かなと手に取って見た。

本は10冊同時に読め!
成毛眞:著(三笠書房)

この本は、速読とは違うことだった。
速読技術ではなく、読書に対する姿勢を説いた本だった。

10冊とは作者が実践している冊数とかだと思うが、
実際は、同時にという意味合いは薄いように思う。


時間がある限り、読書に費やすべき」みたいなことが
言いたかったのではないかと思う。

そのための工夫を考えていたら、
細切れ時間を使う為に、同時に読む必要が出てくる。

そして、同時に読んでいるほうが、
情報が混ざって良い影響が出るのではないかと述べている。

書き方は、毒舌っぽい感じもするが、
そのくらいの意識がないと、だめなんだなとも感じる。


もうひとつ強調されていることが、
他人と一緒になるな、ということかな。
10冊読むにしてもベストセラーを読むと、
意味がないみたいなことも書かれてた。
ノウハウ本も同じみたいな感じ。

抜け出す為の知恵と言うか、姿勢が感じられる。


この本自体も、雑誌に紹介されていたし、
本出ること事態で少し矛盾発生の予感もするが、
それを気づかせてくれるだけ良いのかな(汗)


これからの人生を考える上で、
人生観として参考になる本ではないかと思う。

並列読書の影響の本ではなく、
作者の思想を学ぶ意味で興味深い一冊だと感じた。

本の紹介とかはさっぱりだが、お勧めの本かな。


リンク:
amazon(今回の本)

|

« しまなみ海道横断(旅情編) | トップページ | しまなみ海道横断2回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/20809780

この記事へのトラックバック一覧です: 「本は10冊同時に読め!」を読んで:

» 心と生き方を磨く名言 [心と生き方を磨く名言]
心と生き方を磨く名言 [続きを読む]

受信: 2008年5月 8日 (木) 04時59分

» 視力回復 [視力回復の為のトレーニング方法!]
視力回復トレーニングに取り組んでいく前に目についてよく勉強しておくことをお勧めします。目について勉強した上で、視力回復トレーニングを行っていくと、視力回復の進行を早めることにもなります。 [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 13時26分

« しまなみ海道横断(旅情編) | トップページ | しまなみ海道横断2回目 »