« 続・ブログ通信簿(未だに・・) | トップページ | ファンタシースターポータブルをやってみて »

2008年7月25日 (金)

「30分間でキャリアの磨き方がわかる本」を読んで

前回の「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」に続き、
キャリアという謎の言葉にかかわる本。

そもそも、キャリアがよくわかってない私がいたり・・(汗)

30分間でキャリアの磨き方がわかる本
柏木理佳:著(PHP研究所)


前半と後半で目的が変わってるイメージの本。

前半部分は、
キャリアに対する著者の考え、雇用形態が書かれている。
価値観や、企業に対する考えについても言及されてる。
題名にある「磨き方」という手段ではなく、
何故磨き方が必要と考えているか」が語られている。


一方で、後半部分は、
その「磨き方」の手段を具体的に示している。
具体的と言っても、一般論だけど・・。
職種や企業の選び方に関する考え方や、
もっと実践的に、履歴書や面接のコツになる。

著者の考えが基本となっているので、
いわゆる「昭和的価値観(※1)」にどっぷりな日本人に、
マッチするか不安もあるが、
プレゼンの基本と通じるところもありそうで、一読してもいいかも。


でも、
興味があったのは、前半部分だったので、
後半はかなり適当読みだったけど・・。

そんな興味対象だった前半部に戻ると、
正社員と派遣社員の待遇の差について触れられている。

女性に派遣が多いとのくだりから、
派遣としての立場利用が書かれてた。
逆転の発想というか、良い手段に感じた。
(問題解決にはなっていないが・・)

その点、「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」は、
問題解決の方向性に向いていた。

この本は、
問題を認識して、未来を見つつも、
今の状態を基にしたキャリアについて考え方を見ているように思う。


総じて、今の時代での立回りについては、参考になる本だと思う。
(「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」で感じる手段は、
 価値観の壁もあり、敷居高そうなので・・)

個人的には、前半部にあたる、1~3章がお勧め。
(4~6は、転職直前に見るくらいで良さそう)


※1:「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」に出てくる言葉

リンク:
amazon(この本)
PHP研究所のこの本のページ
柏木理佳氏のホームページ「生活経済ジャーナリスト柏木理佳」

|

« 続・ブログ通信簿(未だに・・) | トップページ | ファンタシースターポータブルをやってみて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/22524443

この記事へのトラックバック一覧です: 「30分間でキャリアの磨き方がわかる本」を読んで:

« 続・ブログ通信簿(未だに・・) | トップページ | ファンタシースターポータブルをやってみて »