« Ubuntu用のAntiVirusソフト | トップページ | EKUBOなロックグラス »

2008年8月24日 (日)

「やさしく学ぶ ネットワーク技術」を読んで(3、4章)

勢い的に、続きの章の気になったところを。

情報処理技術者試験 やさしく学ぶ ネットワーク技術
高橋麻奈:著(翔泳社)

今回は、3章と4章だぁ〜。


まずは、3章を。

P.91 同軸ケーブル
10BASE-5、10BASE-2とあるけど、
どっちも、”-”が不要な予感。
10BASE5と10BASE2かなぁ。

P.104 上の図
「一定時間待つ」は、「ランダム時間待つ」なのかな。
みんなで一斉に一定時間待つと、常に衝突しちゃう(汗)

P.106 イーサネット(Ethenet、IEEE802.3)
同軸ケーブル(10BASE5等)が全部変。

P.112 トークンの内容
終了デリミタの説明は、違う気がする。
識別となってるが、どう考えても、アクセス制御と重なる。

P.112 フレーム
このフレームはトークンリングのフレームだと思うけど、
他の場所の説明と微妙に違う。

オプションって何!?
フレーム終了シーケンスが、いろいろ混ざった感じに見える。
途中から、イーサネットのフレームと見れば、納得できる形(汗)

(参考)
[テクニカルエンジニア]伝送制御方式[備忘録] on 鯖プロ大戦様
トークンリング方式のフレーム構成を見てください。

P.114 アーリーリリース方式
途中から、「アーリートークンリリース方式」なるものが出てくる。
どちらでも使われるのか、「アーリーリリース」が間違いなのか・・。


続いて、4章を。

P.127 上の図
「Received: from mx.bbb.co.jp (改行) by ml.aaa.ne.jp」とあるけど、
たぶん逆で、「Received: from ml.aaa.ne.jp (改行) by mx.bbb.co.jp」かな。
だから、受信したサーバ名は、「by」の方になると思う。

下記でも参考にしてください。
(fromとbyだけ見るなら、色付きで見やすい)
spam対応初心者用メールヘッダー解析講座

P.130 上の図
行先頭のピリオドは、データ本文の終了みたい。
(どうやってデータ本文の終了を判定してるか、謎だったので)

P.137 上の図
HTTPレスポンスの説明が・・意味不明に見える・・。

P.137 下の図の下の文章
URIとあるけど、URLの間違いな気がする。

P.141 Cookieの値
根拠ないけど、Discardとか怪しい気がする。
これがあると、ブラウザ終了時に、削除するようになるのかな・・。
属性があるだけで、効果ある奴があるのかな・・。
(良い資料見つからず・・さっぱりな状態。RFC2965?)

P.152 チェックサム
別の本見ても、こんな感じだけど、
突然、IPアドレスとかの話になってる・・。
下位層のIP層とからんでる話になるのかな。


次は、5章かな・・。

予定してたペースより、15ページ程遅れてる・・。
テストは10月だし、9月に連休あるから、どうにかなるかな・・。

|

« Ubuntu用のAntiVirusソフト | トップページ | EKUBOなロックグラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/23119110

この記事へのトラックバック一覧です: 「やさしく学ぶ ネットワーク技術」を読んで(3、4章):

« Ubuntu用のAntiVirusソフト | トップページ | EKUBOなロックグラス »