« 「やさしく学ぶ ネットワーク技術」を読んで(5章) | トップページ | 久々のネット無し生活 »

2008年9月 6日 (土)

ふと、配列のポインタが気になってみた(C言語)

あまり意識してなかったけど、
ふと前にみた雑誌を思い出した。

「ポインタの配列」と「配列のポインタ」

配列も宣言したら、ポインタとして使うから、
あまり関係ないと思ってたけど、微妙に違うっぽい。

どっちか使わなきゃいい話だが・・。
(配列のポインタは使いたくないな・・)

具体的には、下のやつらの違い。
int *p[3];
int (*p)[3];

上のを仮にアリスと叫んでみよう。
下をボブ・・(謎)

アリスは、ポインタの配列で、ボブが配列のポインタ。

アリスは、ポインタが入る箱を3個持ってる子。
ボブは、ポインタが入る箱を1個しか持ってない・・。

段々とわからなくなってくるのが不思議・・。
(説明が下手なので・・)

Yahoo知恵袋のがわかりやすいので、違いを堪能してね(謎)
「配列へのポインタ」と「ポインタの配列」の違いは何ですか?onYahoo知恵袋

おかわりに、下記の記事でもいかが・・(汗)。
(関連しそうなポインタの使用例みたなものだった)
今こそ再考察! C言語ポインタ徹底解説onマイコミジャーナル


ちなみに、最初に雑誌は、
Interfaceの2008年7月号っぽい。
(ほこりにまぎれて、雑誌群に埋まってた・・)

リンク:
Interface公式

|

« 「やさしく学ぶ ネットワーク技術」を読んで(5章) | トップページ | 久々のネット無し生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/23550037

この記事へのトラックバック一覧です: ふと、配列のポインタが気になってみた(C言語):

« 「やさしく学ぶ ネットワーク技術」を読んで(5章) | トップページ | 久々のネット無し生活 »