« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

「竹中式マトリクス勉強法」を読んで

モンハンをやってる影響で、
本を読むスピードが激減中。

そして、
1分間勉強法のタイムマジックは、
実践不可状態・・。
(練習手順をやってないから無理なことだが(汗))

今回の本は、著者にひかれて買ってみた。

竹中式マトリクス勉強法
竹中平蔵:著(幻冬舎)


題名と内容は、異なる印象がある本。
題名のマトリクス勉強法だけを目的とするならば、
本に巻いてある帯を見れば、OK。

それでは、内容はどんなものかというと、
「竹中氏の勉強論」と呼ぶべきものだろう。

他の勉強論と同様に、
基本的には、
自己の努力によるところが多い。

マトリクスと呼ばれる物も、
努力の方向性を決めるツールとなる。
他にも、細かい指針が示されている内容。

興味深かった点を3箇所だけ紹介しておく。
1つ目は、
勉強における人との関係性についてだ。
友達は選べということが、
厳しめな書き方で書いてある。

2つ目は、
昭和的価値観の基となっている、
終身雇用、年功序列について。
「学歴社会ではなく、入試歴社会」
という言葉にただうなづくだけ。

3つ目は、
朝と夜の仕事内容について。
他の仕事関連の本とは別で、
夜に頭を使う内容を推している。
著者の経験から来ているのだろうが、
結局は、
自分にある時間利用法を
見つけるしかないのだろう。


元に戻って、全体的には、
勉強論の本として、一読の価値はあるかな。
ただし、
他の勉強法の本を見てる人だと、
目次を見て、興味があればってところかな。
そして、少し前に、
巡り会いたい本だったなという印象。
(題名は少し変えてほしいが・・)
でも、大学時代だと、
内容の半分は垂れ流しかな・・(汗)

リンク:
amazon(この本)
『「経済再生のためにもっと勉強を」
 ─『竹中式マトリクス勉強法』(竹中平蔵著)』
  on JBpress様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

会社と社員の関係

以前読んでいた、
「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか(著者:城繁幸)」にある
「昭和的価値観」と「平成的価値観」に
通じる記事があった。

「エンジニアの理想郷を求めて」on NikkeiBPnet様

印象に残ったのは、2つ。(上の記事から引用)
・学歴競争の最終ゴールととらえ、
 そのブランドを活用して、
 以降の社会人生活を安泰に送る

・「いい大学・いい会社・いい人生」の構図は
 崩れ始めていたことになる


1つ目は、昔の価値観、つまり、
私の親の世代が信じる価値観。
それが10年ぐらいで崩れ始めてるらしい。
最近の金融危機を発端とする状況でも、
いままでの××というものが通じない状況も見える。
その状況を端的に表してるのが2つ目の文章。

価値観の違いといえば、それだけだが、
変化しつつある時代の一端を示しているように感じる。


それとは別に、
紹介されているエリジオンに魅力を感じる。
ソフト開発の全行程を仕事にしていることがうらやましい。

分業の為か、効率化の為か、定かではないけど、
工程が変わると、担当がが違うことも多々ありそう。
でも、それもなく、
一つの物をすべてに係われるのは、
かなり楽しい気がする。

中小企業と言われるソフト会社の方が、
つらくても楽しい面がありそうだなと感じてしまった。

会社との相性次第だろうけど、
会社とのあり方を考える一面になるのかな。


リンク:
株式会社エリジオン

関連する前記事:
「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」を読んで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

「本当に頭がよくなる 1分間勉強法」を読んで

タイトルだけ見ると、
いかにも怪しい勉強法な気もしたが、
帯の「たった2日」とかあるので、
思わず買ってしまった・・。

本当に頭がよくなる 1分間勉強法
石井貴士:著(中経出版)

内容的には、2つ。(帯にあった奴)
1.タイムマジック(スピード学習法)
2.カラーマジック(右脳学習法)

勉強法の本らしく、
体験者の感想から入るあたりが
少し悲しく感じる。

そんなことは置いておいて、
実践できれば、効果が期待できる方法っぽい。
タイムマジックと呼ばれるものは、
「フォトリーディング」や「SRS速読法」と同じような印象を受けた。
どちらも速読法になる。(フォトリーディングは微妙に違うかも)
右脳の潜在能力に着目した方法で、
いまいち信憑性がない・・。
(実践訓練すれば、目覚めるらしいが・・)
タイムマジックでは、
速読法ではないとしている点が、好感が持てた。

自己訓練でできるらしいが、
その境地が遠い場所にあるように見える。
(2日間訓練すればいいが、私は飽き性なので・・汗)


一方で、
カラーマジックは、同様に右脳に着目してるらしい。
こっちはある意味現実的な手段に思える。

時間節約、学習法、右脳活用。
この3点に興味がある方は、一読してみてはどうだろう。


リンク:
1分間勉強法のページ
SRS研究所(栗田式SRS速読法等)
フォトリーディング公式サイト

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

雪が降ってたようだ・・

前の土曜日は、
久々にものすごく寒かった。

いつも行ってるお好み焼き屋に行くのに、
寒いから車を使用。


寒いのも納得だが、
少し山に入ると、午後3時ごろでも、雪が残ってた。
さらに奥に進むと、
雪化粧がなくなってたので、
場所によって降ってなかったりしたのかな。

福富の道の駅で雪化粧でも撮影しようとしたが、
その辺は、微妙に雪が見えないので、スルー。
さらへ北へ行くこともできたが、
ノーマルタイヤなので、ちょっと臆病になって逃走。

今年の冬は、スタッドレスタイヤは必要かな・・。
雪が残らないくらいの暑さと、
昼限定の搭乗ですごせないかなと夢見てたり・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »