« 試験前の試験・・ | トップページ | Ubuntu9.04がリリース(グラフィック復旧) »

2009年4月19日 (日)

「レバレッジ時間術」を読んで

レバレッジという意味がわからなくても、
自己投資系で、
レバレッジ××って本があれば、
大抵、この著者だったり・・。

レバレッジ時間術
本田直之:著(幻冬舎新書)

参考にできることが多くて、
時間についての考えを学べる本。
(少し時間が立って、
 あやふやになってるのは、
 私の頭が弱いから・・(汗))


紹介されている項目の中で、
一番目を引いたのがチェックリスト。

チェックリストと言えば、
いちいち確認しなくちゃいけないリスト。
(↑私だけかも・・)
そんな悪いイメージを持ってたが、
記載されてたイメージは、
手順書&確認書みたいなイメージ。

これだけやれば、OK。
そんなリスト。
そして、これだけあれば、
誰でもできるリスト。
(誰でもってところの認識が
 私には甘いところだったかな)

誰でもできる=人に任せることが可能。
これで、
作業を人任せにできて、
自分の時間が作れる等々。
投資は、リスト作成。

リストを作る立場になれば、
わかりそうなものだが・・
私もまだまだ・・(汗)


次に、時間割の概念。
「時間が余るから使えない。」
そんな心にぐさっと刺さることが基らしい。
だから、時間を計画して縛ってしまえと。
単純なことだけど、
意志の弱い私は、時間割を破ってしまう・・。
(これが課題・・)


少しは
意志が入りそうだが、
習慣化とか、
時間のアイデアが
てんこ盛り。

時間管理に興味がある人は、
一読の価値は十分あると思う。


最後に、
早寝早起きじゃなくて、
早起き早寝と記載があり、
納得する限りなのだが・・
相変わらずに2度寝癖が・・(汗)

2度寝しないアイデア募集中!


リンク:
amazon(この本)

|

« 試験前の試験・・ | トップページ | Ubuntu9.04がリリース(グラフィック復旧) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/29198010

この記事へのトラックバック一覧です: 「レバレッジ時間術」を読んで:

» 都営住宅の募集ガイド [都営住宅の募集ガイド]
都営住宅の募集は東京都に居住していて基準以内の所得の人を対象にしています。 都営住宅の募集は1年に4回あり、5月、8月、11月、2月です。 [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 01時39分

« 試験前の試験・・ | トップページ | Ubuntu9.04がリリース(グラフィック復旧) »