« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月22日 (月)

Androidの会中国支部第1回勉強会に行ってみて

Androidの会の中国支部は、
先日、OSC島根で、
産声?をあげた。

そして、第1回目の勉強会が開催された。

前回と異なり、
山口県周南市ということで、
近い印象。
電車一本だし!!

そんなところで、参加してみた。

Androidの会での第1回勉強会のお知らせ


内容についてだが、
種類が豊富で、
上の層から下の層まで話が聞けた。

第1回ってことで、概要から始まり、
アプリ寄りの開発話、アプリ開発後の話、
ハード寄りの開発話、そして、全体的な話。


一番の収穫は、
アプリからデバイスを操作する方法の
一端を見れたところかな。

実装方針も見れたこともよかったが、
実際にできる!ってことが、
デモで見れたのもいい刺激となった。

できるとわかれば・・となればいいが・・(汗)
実際はいろいろ知識が必要そう(泣)


そして、
今は技術的な所に目が行ってるが、
他の視点についても聞けたところは、
新鮮な感じがした。


興味対象は、技術というか、
プログラム関係になるけど、
毎月ってことらしいので、
時間が合えば、ガンガンと参加してみたいな。
(遠いと涙目になるけど・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

geditでgrepしてみたい

Ubuntu上での
テキストエディタと言えば、
gedit!!

Linuxのテキストエディタというと、
vi派かEmacs派に分かれるみたいだが、
Ubuntuを使う限り、
geditが起動するので、私的にはこれ!

邪道だろうが、なんだろうが・・
Windowsのメモ帳と似てるのだ。


一方で、
仕事場とかだと、Windowsなので、
秀丸とかをリッチに使わせてもらってる。
そして、秀丸って便利なのよね・・。

上下で分割できるし、grepできるし。
特に、grepはソース見るときには、便利。


ってことで、Ubuntuでも、
秀丸っぽいものを使いたい!

なので、いろいろと探すと、
geditでもgrepできることが判明。

これで、
端末からgrepを打ち込む日々から、
解放される・・。

geditのプラグインは、live.gnome.orgに載ってた。
今回試したのは、
grepなので、File Searchになる。


導入の仕方は、〜.tar.gzをダウンロードして展開。
展開した中にある3ファイル
 ・file-search.gedit-plugin
 ・file-search.glade
 ・file-search.py
を~/.gnome2/gedit/pluginsの中にコピー。
その後、geditを立ち上げて、
編集→設定で、タグ「プラグイン」を選ぶと、
file searchが出てるので、
チェックを入れるだけ。

チェックを入れると、検索のところに、
追加されてるので、適当に触ってください。

検索すると、こんな感じに、下に結果が出る。
Screenshotmiscc_gedit


ちなみに、
live.gnome.org
Grepというのがある。
リンク先はよくわからんかったので、
gedit-grepで検索して、ここで入れてみた。

動作的には、同等な検索機能だと思われる。
でも、私的には欠点があった。
検索結果がポップアップしないこと。

grepの処理はされているけど、
結果がボトムペイン(表示でONにできる)に出て、
手動で表示させないと見ることができないこと。

file-searchだと、
自動でボトムペインがONになるっぽい。


使い方次第だと思うが、
私的には、file-searchが優勢だった。
良いエディタは引き続き募集中(謎)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

デバイスとドライバ on LINUX

Androidのソースが
repoとかgitとかで手に入る時代。

OSのソースだぁ〜とか、
最初は喜んでみたものの、
さっぱりわからない(汗)

解読するのに、時間かかりそう・・(泣)


そもそも、Androidって、
Linuxカーネルなので、
Linuxカーネルな人になる必要が・・。

今では、
うぶんちゅ(あえてこれで!)との
出会いに感謝(謎)


てなところで、
デバイスとドライバについて。

デバイスって、
CPUから見ると、
メモリ空間の一部だったりするが、
Linuxだとどうやってるんだろ・・。

カーネル2.6だと、
ドライバモデルなるものがあって、
それを使えばいいらしい・・。

以下のところに順に説明があるので、
見てみるといいかも。
ハードウェアを意識したプログラミングの基礎(後編)

実際に、ソース広げて見るのがお勧め。
(今度見やすいのがあったら、カキコ予定)


今のところ、下記のように認識。

デバイス側(/arch/〜)が、
メモリ空間とかリソースの指定をして、
platformに対して、デバイス登録。

ドライバ側(/drivers/〜)から、
platformに対して、ドライバ登録。

platformさんが出会いの場となり、
名前が一致した人を引き合わせてくれる。


platformさんの活躍度を知れば、
いろいろ楽になる・・そんな認識。

・・・ってところで、挫折要素満載。


見ててつまった所として、
container_of() が。
結構、エロいマクロだった。
内容は、ふらふら日記さま
見てみてください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 8日 (月)

RNDIS対応 on Ubuntu

RNDISというと、
あまり馴染みのない言葉だけど、
USBケーブルで、
WindowMoblieとつなぐために、
必要なプロトコル。

RNDISは、
NDISを拡張したRemote NDIS。
そして、
NDISは、ネットワークドライバの仕様らしい。
「NDIS」on IT用語辞典様


用語の説明っぽいことは、
この辺で置いておいて、
WindowsMobileとUbuntuとを
すんなりつなげることができるかというと・・、
最近は、すんなりいくっぽい。

Ubuntu8.04の時に調べた時は、
(もち、曖昧な記憶だが・・)
SVNから差分取ってきて、
ビルドして。。と、
手順踏まないとだめだったが、
8.10以降は、標準で対応してるらしい。

「第43回 イー・モバイルによるネットワーク接続」on Ubuntu Weekly Recipe

Windowsとつなぐ時と同様に、
インターネット共有に設定すると、
自動で認識してくれる。

試しに、Eeepcでやってみると、
ぐーぐるにつながる模様。
(Eeepcには、9.04のNetBook用を入れてる)

今まで微妙な存在だった
EMonsterも、
これで活躍の場が広がるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 5日 (金)

Androidネットブック

当然の流れだろうが、
エイサーから「Android」搭載ネットブックが
発表されてた。

「エイサー、「Android」搭載ネットブックを発売へ」on CNET様

Androidのx86系への対応がされて、
VAIOでも動くのを確認できたら、
搭載して売り出すのも時間の問題かな。
そして、売り始めたら、
物好きは買うかなぁとは思う。


さっくりと立ち上がるので、
機能を限定した場合だと
良いOSと言えそう。

結局、アプリ次第なのかもしれないが。
高機能の重たいアプリが出回るのか・・。
それとも、
シンプルな軽いアプリがはやるのか。

流れが読めない時期だけに、
物好きな人だけで終わるかも・・(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

EeepcにUbuntu入れてみた

なんやかんやで、6月。
昼間は暑いが、朝は微妙に寒い。

そんな怪しい気候で、
体の調子も乱れ気味。


ってことなのか、
意味不明なことをしてしまった。

前に買っていたEeePCだが、
今になって思うとほとんど使ってない。
メインPCふっとび用に、
Windows機として君臨してたが、
今になって見ると、
Ubuntuのが使い慣れてる。
(ゲームだけ・・Windowsが手放せない(TT)

そんな状況なので、
EeePCにUbuntu化計画発動。

で、SSDにそのまま入れればいいのだが、
興味本位に、USBメモリにインストール!!

SSDより容量が大きいけど、
実際やってみると、でっぱりが・・(汗)


そして、
使用ディスクも、4G以下。
USBメモリ必要なかったかも・・(泣)

Windowsも使わないだろうし、
SSDへの入れ直しかな・・。


さらに、一番意味不明だったのは、
USBメモリにインストールするのに、
仮想環境を立ち上げて作業したこと・・。
よく見ると、EeePCって、
USBデバイスを2つ以上付けれた・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »