« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月27日 (月)

armadilloを買ってみた

はやりつつあるHT-03Aではなく、
既に実績のありそうな、
armadillo君を買ってみた。

念のため、動物のほうじゃなくて、
プログラムして遊ぶおもちゃ。

買ったのは少し前だけど、
ドラクエちゃんの猛攻があったので、
放置プレイをしていた。

というか、未だに電源を付けてない気も・・(汗)


そして、カーネルのビルドでもしてみるか、と
軽く思ったのが失敗だった・・。
手順に書いてある通りにすればいいんだろうが、
ついでにandroidでも載っからないかなぁと、
欲を出したのが間違いだった・・・。
(そもそもマニュアル読んでないのが・・)

androidのソースをコンパイルしたときは、
armでしてたっぽいので、
ubuntuでそのままビルドできるかなぁーと
思ったが・・そうはいかないみたい。

あと1週間ぐらいジタバタしてみるかな。
それでダメなら、手順をみよう・・。

armadillo君は、
カーネルだけじゃ、ビルドできないのかな・・(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

gitサーバって、難しいのかな

Androidが盛上りを
見せてるような今日この頃。

ふと、ソース管理に、
gitなるものを使ってみようと、思い立つ。
そして、挫折・・。


使い方は、簡単そう。
(いろいろできるらしいので、奥深そうだが・・)

雰囲気とかは、
「せっかちな人のための git 入門
 - git をインストールし、
 共同で開発できる環境を整えるまで」
 on僕は発展途上技術者 様

が参考になる。

途中で、SSHとか出てくるのが、
私的に座礁ポイント。

SSHを入れるだけなら、
apt-getでいいが、
設定がさっぱり・・・。

ローカル利用なので、
アドレス制限入れれば良いが、
それもさっぱり。


そろそろ、まじめに、
「一台をサーバー化」計画実行時期かな。
(もち、計画は白紙・・)


でもって、別ルートを思いつく。
Androidのgitって、http指定だったような・・。

調べてみると、あるもので、
httpでもギットンができるらしい。

「gitレポジトリをhttpで公開する」
 on BONNOH FRACTION 13 様

apacheで設定できるってことで、
私的な障壁は、低め。

こっちなら、楽にできそうなので、
設定してみるかなぁ。


でも、やっぱり先に、
ローカルDNSとか設定かな・・。
IP指定もしてないし、
ローカル内は結構ぼろぼろかも・・(汗)

・・未だに、sambaの設定も中途半端(泣)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

Androidの会中国支部第2回勉強会に行ってみて

前回の徳山開催と比べると、
講演時間は短いものだった。
でも、
アクティビティとかインテントの話が
聞けたのは良い収穫だった。


講演は2つ。
1つ目は、UIの話。

内容的には、ガイドラインの紹介、
画面生成方法の概要だった。

アイコンとかに、
ガイドラインがあること自体に、
驚きだったが、
そこまで労力回せるかな・・。

そして、画面生成に、
いろいろ作法があるみたいだけど、
これはやってみないとって所があるかな。

聞いててポイントと思ったのが、
縦・横の意識かな。
たぶんだけど、
イベントが来ると、勝手に変わりそう・・(汗)


そして、2つ目は、
アプリの作り方の概要。
デモとして見せてもらったアプリが、
結構手間かかってそうだった。

アクティビティとかインテントは、
本にあるように意識しておくことが重要っぽい。

それとは別に、
GPSのエミュレータでの使い方とか、
パーミッションの話とか、
ファイル名の話とか、
デバッグの話。

これらのほうが、
本でも見つけにくい部分と思われるので、
今後、役に立つときに遭遇しそう。


ってことで、アプリな勉強会だった。
しょっぱなの説明だと、
今後もアプリよりな展開になるのかなぁ。
できれば、組込みとかも・・と思ってたり。

どちらにしても、
そろそろあきらめて、Eclipse入れるかな。
かなり便利に見えてきた・・。
(今まで、SDK入れて、antを使ってた・・)

次回も早々と予定があるらしいので、
内容発表に興味津々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

「ドラゴンクエスト9」をやってみて

発売日に買いに行って、
ようやく一段落したところ。

時間かけまくった感が、
少し後悔するところだけど・・。
それなりに楽しめたので良しとしよう。

時間がかかった要因は、
強引な(全滅覚悟な)進行と、
職業選択とかスキル選択なのかな。


なんやかんやで、
レベル45ぐらいが
初回クリアデータとして、
登録されてる。

ザオラルの成功率の低さに泣いた結果。
そして、時間は45時間と・・。

上級職業にすると、
かな〜り楽できる予感。


ってことで、
ふりが長かったけど、感想をば・・。

まず、ネット関連。
WiFiでの参加を期待してたが、
ワイヤレス通信のみってことで、
かなりがっかり。

すれ違い通信も、
互いに設定していないとダメみたいなので、
すれ違い確率悪そうだなって感想。
通信して持ち運ぶくらいなら、
プレイしながら移動してそうだし。


次に、謎解き系。
クエストでは少しあるかもしれないが、
メインストーリー系では、記憶にない。
ダンジョン仕掛けも、
スイッチを押すだけとか簡単なもの。

迷う必要もないわけだが、
対象年齢をかなり低め目に意識した結果なのかな。


最後は、クエスト系。
楽なのもあれば、時間がかかるものも・・。
特に気になったのは、
職業に絡むクエストの難易度。

見ただけで少し引いてしまったものもある。
(ある条件でメタル倒せとか・・ね・・。
 でも、実際やると、意外と早かった・・)

でも、同じ職業系でも、楽なのもある。

感じ方は人それぞれだろうが、
楽しみにしてるものは、楽にしてほしい。


ってことで、
ポイント的にはこんなところだが、
全体的に、今までのドラクエとは、
少し違った印象を受けてしまった。

少しFFに近づいたかなって感じ。


時間をかなり使えるゲーム。
でも、お勧めかって言われると、
どうだろうって感じ。
もう少しさくさく感とか欲しかった。

ただ、周囲にやってる人がいれば、
話題合わせにやってみてはどうでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

「ARのすべて」を読んで

興味ある単語だから、
ふと手に取って見てた本。

途中、風邪を引いたので、
かなり間があいたが・・。

ARのすべて ケータイとネットを変える拡張現実
日経コミュニケーション:編(日経BP社)


とりあえず、今、話題のキーワード
「AR」についてまとまってる本。

直近の話題から、将来、技術的なさわりの部分。
「AR」という単語への入門書としては、
良い一冊ではないかなぁと言う印象。

ただ、進歩が早い分野だけに、
少し間を置くと、過去の本になりそうだが・・。


「AR」という言葉自体に、
触れたことがないという人もいると思う。
日本語だと、
「拡張現実」と言われて、
SFの世界に近い技術。

現実世界に、ちょっぴりと、
デジタルな加工をしてみる。
そんな技術。


ARの例として、
私が一番と思うのは、
アニメ「電脳コイル」。
この電脳メガネこそが、
ARの未来像に見える。

他にも例はあるけど、
視界に対するARは、
イメージしやすいのかな。

触覚とか聴覚もありそうだが、
良い例が浮かばず・・。


そんなところで、
SFとかに興味ある人には、
楽しそうな未来への道標になるかも。

そして、その先に、
攻殻の世界も・・見えたら、いいな(謎)


リンク:
amazon(この本)
電脳コイル
「iPhone+セカイカメラで「電脳コイル」体験」on ASCII.jp様

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »