« 「ソフトウェア開発はなぜ難しいのか ~「人月の神話」を超えて」を読んで | トップページ | 「「1冊10分」で読める速読術 」を読んで »

2011年4月14日 (木)

ETロボコンのビルド環境設定(Ubuntu10.04)

先日、ETロボコンの勉強会に行ってきたけど、
時間中に環境設定がうまくいかなかった。

なので、手順とはまった点についてまとめておく。


私が設定した環境は、
Ubuntu10.04が入ったPCになる。
Androidのビルドできるぐらいにはなってた。

対象の開発環境は、
nxtOSEK/JSPなるものらしい。

大枠な手順としては、リンクをたどって、
nxtOSEKのインストール
Linux (Ubuntu 8.10 32bits)
としてまとめてある方法。
(英語だけど・・)

ビルドだけできればと思って、
手順1と2を実施。

★手順1★
クロスコンパイラの導入。
Androidで使ってた奴はどうも動かないらしい。
(ライブラリ関係な気がする)
全部がsynpaticとかではなく、一部スクリプトを使う。

1-1 必要なものをapt-getでもってくる
 "tk-dev ncurses-dev libmpfr-dev texinfo”が必要
1-2 スクリプトのダウンロード
 ※手順書にリンクがある
1-3 スクリプトの実施
 "sh ./build_am_toolchain.sh"

☆確認ポイント☆
スクリプトを実行したフォルダに、
srcとbuildとgnuarmの3つフォルダができる。
srcの中に、以下3つあるのを確認すること。
 ・binutils-2.20.tar.bz2
 ・gcc-4.4.2.tar.bz2
 ・newlib-1.18.0.tar.gz
  ※バージョンは異なることあるかも。
私がやったときは、
newlibがダウンロードできてなかった。

足りない場合は、
ブラウザとかでダウンロードして、
srcにいれて、再度スクリプト実行でOK。

足りないと、ビルドしたときに、
足りないファイルが出てくる。
→stdlib.hとかで驚く(笑)


★手順2★
wineのインストールと
OSとかのファイル取得。

2-1 wineをインストール(apt-get)
2-2 nxtOSEK 2.15をダウンロード
 nxtOSEKのダウンロードページからリンクあり
 →私はここに飛んでいった
2-3 適当な場所に解凍
2-4 ダウンロードの不足分(sg.exe)取得
 ダウンロードページの注意書きにあるように、
 nxtOSEKに含まれなくなったらしい。
 なので、toppersから
 OSをゲットして解凍して、不足分のみ2-3の環境に追加
2-5 環境設定ファイルの変更
 解凍したところのecrobot/tool_gcc.mak の中の、
 GNUARM_ROOT の設定値を記載
 →手順1-3で作ったgnuarmのフォルダ
2-6 ビルド確認
 どこでもいいけど、手順書的には以下のフォルダ。
  "cd ./nxtOSEK/samples_c/helloworld"
  "export LANG=C"
  "make all"

☆確認ポイント☆
 手順書とかで特に記載がなかったので、
 ビルド時のエラー対処をまとめておく。
 "make clean"→"make all"とかやると、
 ログがきちんとでる。
 cleanしていないと、kernel_cfg.cがないとかで、
 最初の要因が消える場合がある。

 1.WCUSERエラー
  err:wineconsole:WCUSER_SetFont wrong font

  wineのエラーみたい。
  export LANG=C を設定すればOK
  日本語環境特有かも。

 2.sg.exe入れ忘れ
  適当に改行いれてるけど、こんなエラー
  wineconsole: Starting program
  "../../ecrobot/../toppers_osek/sg/sg
  ./helloworld.oil -os=ECC2
  -I../../ecrobot/../toppers_osek/sg/impl_oil
  -template=../../ecrobot/../toppers_osek/
  sg/lego_nxt.sgt" failed.
  The command is invalid.

つまづいたのは、これぐらい。
同じようなことをしてる人の
参考になれば、幸い。

リンク:
ETロボコン2011
ETロボコン2011中四国地区大会
nxtOSEK/JSP(開発環境)
「SolarisでWineを試す。」on ブログってもしかたない
青大ロボコン研 「非」難所wiki

|

« 「ソフトウェア開発はなぜ難しいのか ~「人月の神話」を超えて」を読んで | トップページ | 「「1冊10分」で読める速読術 」を読んで »

コメント

That is known that cash makes people disembarrass. But what to do if one has no money? The one way is to receive the credit loans and just student loan.

投稿: Weber24Amie | 2012年1月 4日 (水) 23時19分

はじめまして、質問よろしいでしょうか?
コンパイルまではおかげさまでうまくいったのですが
転送ができなくて困っています。sh ./rxeflash.sh
のコマンドを行っても

wineconsole: Starting program "/home/osek/bricxcc/NeXTTool.exe /COM=usb -download=helloworld_OSEK.rxe" failed.
The command is invalid.
wineconsole: Starting program "/home/osek/bricxcc/NeXTTool.exe /COM=usb -listfiles=helloworld_OSEK.rxe" failed.
The command is invalid

とエラーがでて対処法が分からないのですがよろしければご教授お願いします。

投稿: 7110 | 2013年8月 7日 (水) 17時22分

実機への書き込みをしたことないですが・・、
/home/osek/bricxcc/NeXTTool.exeにファイルは存在していますか?
存在していなかったら、
ecroba/tool_gcc.makのNEXTOOL_ROOTの値を見直してみてください。

それでもだめなら、記事のリンク(英語のところ)から、
linux用のツールをダウンロードして実行してみてはどうでしょうか。

ロボコンは、ビルドして挫折しちゃったので(汗

投稿: めろ | 2013年8月 7日 (水) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/39603262

この記事へのトラックバック一覧です: ETロボコンのビルド環境設定(Ubuntu10.04):

« 「ソフトウェア開発はなぜ難しいのか ~「人月の神話」を超えて」を読んで | トップページ | 「「1冊10分」で読める速読術 」を読んで »