« 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んで | トップページ | 「サムスンの決定はなぜ世界一速いのか」を読んで »

2011年5月31日 (火)

ADKのデモアプリを動かしてみた

Google I/Oで、
USBの新機能として、
ガジェットがつなげるって話があった。

参加者にはプレゼントされたみたいだけど、
もちろんYouTubeで見てたので・・(汗)

でも、早速、同じようなボードが
アールティさんから発売されるってことで、即発注。
製品名は、RT-ADK&RT-ADS

1次生産分は終わったらしいので、
まったり待てるかと思ったら、
5月が終わる前に届いてしまった・・。


GingerBread2.3.4.か、
Honeycomb3.1.で対応らしいが、
もちろんどちらも手元にないわけで・・(汗)

仕方なく、相棒のJN-DK01に、
GingerBreadをつっこんで、動かしてみた。
(JN-DK01の整備のほうが
 時間かかったわけだが・・)


デモアプリは動くって事だったので、
adakodaさんのページを参考に、
PC側のインストールとアプリ作成。

Ubuntu11.04だったので、
Synapticでarduinoをインストール
(0022になってた)

ライブラリはインストールされたフォルダなので、
/usr/share/arduino/libraries に格納。

後は手順通りで、ガジェット側はOK。


アプリは、
GoogleAPIsが必要みたいだったので、
追加でインストール。

Google端末じゃないと、
ダメかと思ったけど、
JN-DK01でも大丈夫なので、
他のボードでも使えそう。

Dsc_0118_2


デモアプリを動かしてみたけど、
IN/OUT表示があって、
動いたのはOUT側だけ。

あとは、自分でってことなのかな。

それにしても、
久々にJN-DK01を触ったが、
いろいろ忘れてるな・・
(差分と手順の管理が大事かも・・)


リンク:
株式会社アールティ
「Android Open Accessory Development Kit」
 from Android Developers

「[Android] Open Accessory Development Kit (ADK)
  を使ってみた」by adakodaさま

|

« 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んで | トップページ | 「サムスンの決定はなぜ世界一速いのか」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/40199224

この記事へのトラックバック一覧です: ADKのデモアプリを動かしてみた:

« 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んで | トップページ | 「サムスンの決定はなぜ世界一速いのか」を読んで »