« UbuntuでデスクトップをUstream配信2 | トップページ | ADKのデモアプリを動かしてみた »

2011年5月24日 (火)

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んで

買っておきながら、放置してた。

でも、アニメやら映画やらが始まるってことで、
発掘して読んでみた。

もし高校野球の女子マネージャーが
 ドラッカーの『マネジメント』を読んだら

岩崎夏海:著(ダイヤモンド社)


始めは、ちょっと固めな本と想像してたが、
高校野球をテーマにした読みやすい本だった。

イメージは、
「ライトノベル+ドラッガーさわり」


ドラッガーの本を
いろいろ読んだわけではないから、
断言というわけにはいかないけど、
思想を見る上では、
読みやすくていいように思う。

それに、単純に、
ストーリーを楽しむ目的でも、
いい小説のように感じた。
(ちょっと、物足りなさはあるかも。)
物語のような良い流れは、
現実的には難しいのではと感じつつ、
主人公の心の悩みとか、楽しめた。


ドラッガーの一節が引用されて、
それを主人公が解釈していく流れなので、
自己投影的な感じで、
ドラッガーの思想もわかりやすく思えた。

思想の応用例という意味でも、
野球という具体的なものに
当てはめてあるので、
想像の助けになってた。


ただ、最後の「真摯さ」という言葉は、
はっきりと解釈できなかったのが、心残り。


小説だけって人には、
少し軽いのかもしれないけど、
ドラッガーの思想に興味ある人なら、
おすすめできる。


「真摯さ」目指して、
読み返してみたいけど、
別のドラッガーはさみたいなぁ。
マネジメントのエッセンシャル版を
買ってしまったが、
時期早い気もするなぁ(汗)


リンク:
amazon(この本)

|

« UbuntuでデスクトップをUstream配信2 | トップページ | ADKのデモアプリを動かしてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/40106045

この記事へのトラックバック一覧です: 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んで:

« UbuntuでデスクトップをUstream配信2 | トップページ | ADKのデモアプリを動かしてみた »