« 「レンタルマギカ -死線の魔法使いたち-」を読んで | トップページ | 「今すぐ50個手放しなさい!」を読んで »

2012年2月 7日 (火)

「スティーブ・ジョブス 人を動かす神」を読んで

レンタルマギカに追い抜かされたけど、
ちまちまと読んでた本。
途中に間があったので、
記憶が飛んでる気もするが・・。

スティーブ・ジョブス 人を動かす神
竹内一正:著(リュウ・ブックスアステ新書)

MACに興味も出てる時だったので、
気にある人物のひとりだった。
そして・・ってことで、
本を手に取ってみた。

もちろん会ったこともないけど、
本を読んで印象が少し変わった気がする。


最初は、技術者・芸術家みたいな印象があったが、
それとは違うみたいだった。

指揮者・交渉人ってイメージになるのかな。
組織を動かす役目を受け持った人。


一方で、心情面では、
妥協を許さない辺りが
共感できる気がする。
人月を基とする組織だと、
目指すことが難しい。
でも、必要なことだと感じる。


他にも、
ピクサーの話とかが意外だった。
アップルを辞めてたという時代も
不思議に感じてしまった。


貪欲に!
これが私の足りないことになるのかな。
それよりも、
目指す物が決まってないのもだめだめなのかな。
同じようになれないと思うが、
目指すことが違っても、近づいてみたいなぁ。


リンク:
amazon(この本)

|

« 「レンタルマギカ -死線の魔法使いたち-」を読んで | トップページ | 「今すぐ50個手放しなさい!」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/44013842

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティーブ・ジョブス 人を動かす神」を読んで:

« 「レンタルマギカ -死線の魔法使いたち-」を読んで | トップページ | 「今すぐ50個手放しなさい!」を読んで »