« 「今すぐ50個手放しなさい!」を読んで | トップページ | 「100円のコーラを1000円で売る方法」を読んで »

2012年2月29日 (水)

「ガリレオの苦悩」を読んで

ガリレオシリーズ(?)で
新しい文庫が出てたので手に取ってみた。

ガリレオの苦悩
東野圭吾:著(文春文庫)

前の容疑者xと違って、
いつも通りの短篇形式だった。

テレビシリーズっぽい人物構成になって、
前半部分も
テレビでやったやつな気がする。


ってことで、
容疑者xと比べると、
物足りなさを感じた。

個人的には、
最後の章が一番よかったが、
前作のが好きだなぁ。

長編好きに変わってきたのかな・・(汗)

リンク:
amazon(この本)

|

« 「今すぐ50個手放しなさい!」を読んで | トップページ | 「100円のコーラを1000円で売る方法」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/44304511

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガリレオの苦悩」を読んで:

« 「今すぐ50個手放しなさい!」を読んで | トップページ | 「100円のコーラを1000円で売る方法」を読んで »