« x-loaderのソースを眺めて(2) | トップページ | udevの設定~fastbootできなくて~(Ubuntu12.04) »

2012年6月 8日 (金)

「成功は一日で捨て去れ」を読んで

5月中に読み終わってたけど、
いろいろあって書けずにいた。

成功は一日で捨て去れ
柳井正:著(新潮文庫)

あまり行かないけど、
「ユニクロ」の人の本ってことで、
手に取ってみた。
出身が近いってのもあるのかな。


この本を読んで一番考えたのは、
企業理念についてである。

私が仕事についたとき、
正直、会社の企業理念を意識していなかった。
やりたいことをやってた会社だと思ってたぐらい。

でも、企業の成長とか継続とかを考えると、
企業理念が大切なんだと感じた。


理念があるから、方向性が出てくる。
進む方向性が企業を創る。
そして、企業が続く。


理念を浸透させる。
理念に基づいた行動をしてもらう。
このことが会社にも、
働く人にも重要だと思う。

巻末にある「FR WAY」は、
その意識の表れになっていると感じた。
ここの部分だけでも、
読んでみるとおもしろいし、参考になる。


そして、
読んでから長い期間が空いたってのもあるが、
他に印象に残ってる言葉は、
「成長しなければ死んだも同然」って言葉。

この言葉が
企業理念や著者の心の根底にある言葉だが、
私も背負うべき言葉。

やりきれてない部分もあるが、
いろいろな面で、
破壊者となるべきなんだろう。


それにしても、
ジーユーってユニクロ関係だったのね。
本を読んで始めて知った(汗)


リンク:
amazon(この本)
ユニクロ
g.u.

|

« x-loaderのソースを眺めて(2) | トップページ | udevの設定~fastbootできなくて~(Ubuntu12.04) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/45570629

この記事へのトラックバック一覧です: 「成功は一日で捨て去れ」を読んで:

« x-loaderのソースを眺めて(2) | トップページ | udevの設定~fastbootできなくて~(Ubuntu12.04) »