« udevの設定~fastbootできなくて~(Ubuntu12.04) | トップページ | 人月と期間 »

2012年7月27日 (金)

「きみはポラリス」を読んで

小説でも読んでみようと思って、
恋愛ものをめずらしく買ってみた。

きみはポラリス
三浦しをん:著(新潮文庫)

帯に共感の声、続々とかあるので、
甘酸っぱい(?)恋愛ものを期待してた。

けれども、いろいろ違ってた。


短編集となっているので、
後半は期待通りの恋愛ものって感じだった。
でも、途中は、思ってたよりも重い印象だった。

それも、
最後の解説をみて、少し納得がいった。
解説の手前に、収録一覧があって、
そこにテーマが載ってた。
テーマを見ても、
よくわからんものも正直あるけど、
期待通りじゃなかったらしい。

「三角関係」とか途中経過ではいいけど、
はっぴーな物語を期待している私には、
それだけだと、重い。


ちょっと帯に騙された感は残るけど、
後半は楽しめたので、良しとしよう。

そして、住んでる場所的に、
題名のポラリスにひかれたのも否定できない。
今度は少し読んでからのほうがいいかなぁ。


リンク:
amazon(この本)
楽天ブックス:きみはポラリス [ 三浦しをん ]
ポラリス/センチメンタルライオット [ まなみのりさ ]

|

« udevの設定~fastbootできなくて~(Ubuntu12.04) | トップページ | 人月と期間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/46476860

この記事へのトラックバック一覧です: 「きみはポラリス」を読んで:

« udevの設定~fastbootできなくて~(Ubuntu12.04) | トップページ | 人月と期間 »