« Eclipseの補完のキー設定 | トップページ | 「むしろ暴落しそうな金融商品を買え!」を読んで »

2013年1月 5日 (土)

「たくらむ技術」を読んで

どたばたしてる(更新できない)まま、
年が明けてしまった。

他にもいろいろ本を読んでたけど、
年越しに読んだ一冊を。

たくらむ技術
加地倫三:著(新潮新書)


この本で何度も出てくるが、
「アメトーーク!」のプロデューサーさんの本。
名前自体は、番組中に呼ばれる場面があったので、
記憶の片隅にあった。
(親しげに声をかけられてる印象)

本書の中では、
「ビジネスとは違うかもしれない」と出てくるが、
参考になる面はあるように思う。
話言葉っぽい文章に感じたので、
読みやすい感じがした。


キーワード的には、
場の雰囲気作り、アイデア出し、
そして、番組構成戦略のイメージになるのかな。

番組構成戦略は、
(やったことないから素人目に)
ビジネス戦略とかに応用できるんじゃないかな。
やってる人には当たり前かもしれないし、
リスク分散とか継続を考えると、
普通なのかもしれないけど・・。


内容うんぬんを置いておいて、
気になるあの人的な興味で読んでみるのが、
いいのかな。

リンク:
amazon(この本)

|

« Eclipseの補完のキー設定 | トップページ | 「むしろ暴落しそうな金融商品を買え!」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/48604904

この記事へのトラックバック一覧です: 「たくらむ技術」を読んで:

« Eclipseの補完のキー設定 | トップページ | 「むしろ暴落しそうな金融商品を買え!」を読んで »