« 「むしろ暴落しそうな金融商品を買え!」を読んで | トップページ | 「真夏の方程式」を読んで »

2013年5月 4日 (土)

「みっともないお金の使い方」を読んで

電車旅をしたので、
途中で読んでみた。

みっともないお金の使い方
川北義則:著(PHP新書)

聞いたことがあることのほうが多かったかな。

1章の話は、お金を回そうという話なので、
参考になる部分が多かった。
ただ、いわゆるデフレ脱却の為のよくある話にも見えた。

「おごり、おごかれ」の節は、
おもしろいエピソードが載ってたし、
こんな関係性が築けるなら、築いてみたい。


お金に嫌われるところで、
「お金がない」と言うなとあったが、
つらいなぁ・・。

あるといっても、出せずに・・(がふっ


他にも金銭哲学に踏み込んだ話もあるけど、
こっちをメインにしたほうが
尖ってていいのかなとも思ってしまった。


1回眺める程度ならという感じの本でした。

リンク:
amazon(この本)

|

« 「むしろ暴落しそうな金融商品を買え!」を読んで | トップページ | 「真夏の方程式」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/51486298

この記事へのトラックバック一覧です: 「みっともないお金の使い方」を読んで:

« 「むしろ暴落しそうな金融商品を買え!」を読んで | トップページ | 「真夏の方程式」を読んで »