« 「真夏の方程式」を読んで | トップページ | 「持たない暮らし」を読んで »

2013年6月10日 (月)

「浜村渚の計算ノート」を読んで

数学の本が出てるので、
つい手に取ってみた。

浜村渚の計算ノート
青柳碧人:著(講談社文庫)

ぱらぱら見てると、
フィボナッチ数列とか出てるので、
ついついひかれてしまった。

章の書き方とか、にやっとしてしまう。

数学的な話も出てくるが、
興味をそそる程度ってのも、
新しい切り口でいいのかな

数学ガールと比べて、
数式とかないし、理論というより、
こんなのあるよぉ的な感じなのがいい。


正直、もっと深く掘り下げてほしくて、
少し物足りない感じもするが、
まったり感も深みにはまらずに、
いいのかもしれない。

物語的には、数学を入れる都合、
ほわっとしてるというか、
ありえなさそうなストーリーなのだが、
いい感じにおさまってる。

ただ、2回目を読むのは、
正直ちょっとと思う。
そんな一冊だった。


リンク:
amazon(この本)
【送料無料】浜村渚の計算ノート [ 青柳碧人 ]

|

« 「真夏の方程式」を読んで | トップページ | 「持たない暮らし」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/51969062

この記事へのトラックバック一覧です: 「浜村渚の計算ノート」を読んで:

« 「真夏の方程式」を読んで | トップページ | 「持たない暮らし」を読んで »