« 「「全員参加」の会社が成功する」を読んで | トップページ | sedコマンドでの上書き保存の罠 »

2013年6月29日 (土)

「きみが見つける物語(恋愛編)」を読んで

最近、本の記事ばかりだけど、
他にやってることもない・・
facebookの本棚とか別のほうが・・
(むにゃむにゃ)

きみが見つける物語
 十代のための新名作 恋愛編

有川浩 乙一 梨屋アリエ
 東野圭吾 山田悠介:著(角川文庫)


もう十代じゃないんだけど、
恋愛気分に浸りたかっただけ。

短篇を集めた感じで読みやすい。
ただ、一部は抜粋なんだろうな・・。
前後が読みたい


くせがあるけど、どれもおもしろい。
東野圭吾さんの作品は、
テレビでネタを見たことあるような気もしたが、
やっぱそれっぽい感じがした。
恋愛みたかったのに、
推理に持ってかれた・・。

乙一さんの作品は、
始めて見た気がするけど、
一冊買ってみたい気になる。

ほんのりした気分になれていいのかなぁ。


リンク:
【送料無料】きみが見つける物語(恋愛編)

|

« 「「全員参加」の会社が成功する」を読んで | トップページ | sedコマンドでの上書き保存の罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/52226194

この記事へのトラックバック一覧です: 「きみが見つける物語(恋愛編)」を読んで:

« 「「全員参加」の会社が成功する」を読んで | トップページ | sedコマンドでの上書き保存の罠 »