« 「ゲーム理論の思考法」を読んで | トップページ | 「文章は接続詞で決まる」を読んで »

2013年7月15日 (月)

日本Androidの会 中国支部 第32回勉強会に行ってきた

久々にAndroidの会の
中国支部の活動があった。

引っ越したので、行くのがしんどかったが・・。


内容は、ATNDに載ってるので、
チェックして、ustream(こっから順次かな)を鑑賞と。


目玉は丸山先生の講演になるのかな。
噂に聞くように、スライドが多いから、
全部終わらないという講演の実演が・・(汗)

内容的には、数の原理として、
androidをプラットフォームとした
Packaged Web Appへの動きが起こるという話。

技術的には、HTML5が基礎となる。
ただ、
HTML5がぐらついてるという
マイナス要素もある。
だから、Android+Chromeという形で、
デファクトスタンダードをとって、
androidベースで実現するのではという流れである。

Androidのトップの動きも連動している。
そんな話だった。


続いては、支部長講演。
開発ツールの説明だったので、
調べる足掛かり的なネタ。
使い心地とかないと、なんとも・・。


次は、シューティングネタ。
コードの準備が間に合ってないらしく、
ちょっとぼんやりとした内容だった。
後で、公開されるのかな。

androidとhtmlの両方あるみたいなので、
サンプルに見てみたいかな
個人的に、特には、HTMLのcanvasのほうかな。


続いて、シークレットな人。
やっぱしゃべりすごいな。
HTMLの話が中心なんだけど、
フレームワークの紹介(CSS/JS)がためになる。
実例も入れてくれて、やるなら参考にしたい。
ただ、個人的には、
JSがまだまだなので、webアプリってより、
ネイティブになるのかなぁ。


それから、HTMLの使いどころの講演。
認証とかの種別に、いろいろなことがあって、
こっちは新鮮だった。
できれば、詳細を。。
でも、やってみないと、
わからない苦労もあるんだろうなって感じがした。


そして、最後は、mrubyの話。
個人的には、一番身近な話題かな。
コンパイルとか手がいりそうだけど、
一度やり方わかれば、
スクリプトで遊べそう、
ただ、ruby知らないんだけどね・・(汗)


そんな感じで、いろいろ曲者揃いの
勉強会だったのかな。
資料出たら、所々読み返しかなぁ

リンク:
ATND(日本Androidの会 中国支部 第32回勉強会)
ustream cjag2

|

« 「ゲーム理論の思考法」を読んで | トップページ | 「文章は接続詞で決まる」を読んで »

コメント

ブログの紹介ありがとうです。

めろのコメントはいつも的確です^^;
次回に生かします。。。

投稿: しぶちょー | 2013年7月15日 (月) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/52459091

この記事へのトラックバック一覧です: 日本Androidの会 中国支部 第32回勉強会に行ってきた:

« 「ゲーム理論の思考法」を読んで | トップページ | 「文章は接続詞で決まる」を読んで »