« 「プラチナデータ」を読んで | トップページ | Android Studioを1.xから2.xに変えて、ビルドエラー »

2013年8月30日 (金)

「週末は彼女たちのもの」を読んで

いろいろ思いつめて(?)、
純愛物が読みたいとか意味不明に思って、
手に取ってみた。

週末は彼女たちのもの
島本理生:著(幻冬舎文庫)


目次と背表紙の内容で買ってみた。
いろいろなシチュエーションがあったので、
短篇集かと思ってたら、
ひとつの世界をいろいろな人の視点から
眺めるような構成になってた。

正直、行間が広く感じて、
物足りなさを感じた。
それというのも、
何かの連載物だったらしいので、
仕方ないのかな。


ちょっとずつのときめきを
集めたという形式なので、
眺める分にはいいかな。

ただ、読みつづけると、
誰が主人公かわからなくなったり、
関係性が気になったりと、
人物関係図を書きたくなった。


結局、何が何やら感に落ちいって、
読み終わった形になった。


せっかく、短くわかれてるのだから、
最初に関係図とか書くと、
わかりやすくなるのかな。

最後にも関係図を書いて、
変化がぱっとわかるってのも
おもしろいのかもしれない。


恋愛物をじっくり読みたい気分だったので、
やっぱり物足りなかったな。。
そんな一冊でした。

リンク:
【送料無料】週末は彼女たちのもの [ 島本理生 ]

|

« 「プラチナデータ」を読んで | トップページ | Android Studioを1.xから2.xに変えて、ビルドエラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/53077687

この記事へのトラックバック一覧です: 「週末は彼女たちのもの」を読んで:

« 「プラチナデータ」を読んで | トップページ | Android Studioを1.xから2.xに変えて、ビルドエラー »