« 「ビジネス・ゲーム」を読んで | トップページ | ウィルコムの複雑さ »

2014年1月 4日 (土)

「100円のコーラを1000円で売る方法3」を読んで

1から読んでいるが、
新刊が出てたので、手に取ってみた。
ただ、積んでて読み始めるのが遅かった・・。

100円のコーラを1000円で売る方法3
永井孝尚:著(中経出版)

相も変わらず、
ビジネス関連の読み物として、楽しめた。

登場人物は、いつもの通りの楽しいメンバー。
そして、展開も、
流れはそのままになるのかな。

今回のテーマは、
イノベーションってところで、
持続的、破壊的という言葉の差が
大きな焦点になっている。

戦略とニーズというところは、
前巻までをそのまま引き継ぐ形になる。


また、経営資源の話が、
他と違うことがでてきていた。

今の時代に対しての対応と言う意味で、
その要素が追加されていると、
納得できる点でもある。


他のところは、
用語の説明とその使い道というところで、
前巻と一緒といえば、一緒かな。

今から1巻からおさらいしたい気分だけど、
物語風なので、少し冗長な気もする。
まとめ本みたいなものもあれば、
楽しめるのかなぁ。

ただ、やっぱり、
経営とかに興味があって、
手始めにということであれば、
読みやすくていい本ではないかな。



|

« 「ビジネス・ゲーム」を読んで | トップページ | ウィルコムの複雑さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/54467863

この記事へのトラックバック一覧です: 「100円のコーラを1000円で売る方法3」を読んで:

« 「ビジネス・ゲーム」を読んで | トップページ | ウィルコムの複雑さ »