« ABC2014春に行ってきて | トップページ | ABC2014春に行ってきて3 »

2014年3月25日 (火)

ABC2014春に行ってきて2

徒然なるままに、
ABC2014春の感想を書いておく。

カンファレンスの最初は、迷子から始まった。
UDXのバザール会場を抜け出して、
ダイビル2Fに到着するも、上に上がるルートがない。
1階を経由しろと、張り紙があるだけだった。

という挫折をいきなり味わったけど、
カンファレンス会場はきれいな感じだった。


最初は、monacaがテーマのカンファレンス。

いきなり、モコナと間違えて読んで、
レイアース経由のキュゥべえに似た生き物を想像。


脱線はこの程度にしておいて、
カンファレンス的には、
まず話し手の人が慣れてるなぁというのが第一印象。
冒頭に、
「HTML5をNativeでつつむ」感じと言われたとき、
何か違和感というか怪しさを感じた。
そして、ChromeAppsの説明があった。

ネイティブアプリを作るというふれこみだったけど、
ブラウザを内蔵したネイティブアプリではないのかなと、
ふと感じてしまった。

それだと、ChromeAppsと比べて、
メリットがあるのかが気になる。


質疑でその回答にヒントがあったのだが、
クロスプラットフォームや
ネイティブアプリのふれこみは、
基本的にはベースとしているPhoneGapに依存しているみたい。

PhoneGapはあまり見たことないけど、
PhoneGapFanの最初の方だけ見ると、
ブラウザ内包って感じみたい。
なので、ガチガチに速度狙うなら、
ちょっとつらいのかなと感じるし、
ChromeAppsとの差異要素は、
ちょっと気になるところになる。

そして、monacaとして、
プラットフォームの差異吸収は、
特に考えない方針らしい。

悪い言い方すると、PhoneGapまかせ。
だけど、ブラウザ乱立していると、
仕方ない部分もあるだろうな。


ここまでの感じだと、
monacaを使う意味がよく見えないが、
開発環境提供して、
利益をもらうっていうビジネスなのかなと感じた。

使ってないので、想像が入るのだけど、
ブラウザ上で、IDEができるみたいなので、
そのIDEの性能がmonacaの売りなのかな。

その上で、それに付随するエミュレータとか、
動作確認環境が魅力に見える。

クラウド上で直して、
手元の携帯で確認できるとか、
おもしろい仕組み。


セキュリティガチガチの会社だと、
利用につらいケースもありそうだけど、
ゲームとかハイパフォーマンスを求めない場合、
選択肢としていいのではないかなぁ。

ただ、個人的には、単純にmonacaだけ見れずに、
ChromeAppsの流れが気になる内容だった。
それでも、Githubにあるらしい、
OnsenUIは、ちょっと触ってみたいな。


リンク:
ABC 2014春
monaca
PhoneGap
PhoneGapFan



|

« ABC2014春に行ってきて | トップページ | ABC2014春に行ってきて3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/55504039

この記事へのトラックバック一覧です: ABC2014春に行ってきて2:

« ABC2014春に行ってきて | トップページ | ABC2014春に行ってきて3 »