« ABC2014春に行ってきて2 | トップページ | ABC2014春に行ってきて4 »

2014年4月 1日 (火)

ABC2014春に行ってきて3

ABC2014春の感想の続き。

2つ目のカンファレンスは、
アプリ x アプリ, アプリ x サービスによるアプリ付加価値の向上。

端的にいうと、
マイクロソフトのカンファレンス。

Androidとどのように関連するのか。
そこが気になるところだったのだけど、
そんな狭い範囲の話ではなかった。


Windows Azureを中心として、
こんな連携を構築できるって話だった。
さずがに、
マイクロソフトの製品が多い連携だったが、
Moverio->Azure->.NET(PC)->.NET ME(ガジェット) って形。
AR眼鏡を操作して、遠隔のガジェットを動かす。
具体例が浮かぶわけではないが、
おもしろい世界が作れそうな話。

moverioがAndroidなので、ABCだけど、
Azure自体を売りにしてるので、
相手にはこだわらない内容。


さて、そのAzureのことだけど、
始めて知ることだらけだった。
まず、アジュールと呼ぶらしい。

そして、アニメがあるらしい。
喜多村英梨さんと伊藤かな恵さんが出てて、
結構びっくりした。

日本ではつい先日、データセンターができたみたい。
東日本と西日本にそれぞれあって、
自動でそれぞれをバックアップするみたい。

Iaas~Paasまでがあり、
Linuxも選択できるらしい。
だから、クラウドサービスの候補に
なってくるのかな。

Baasという聞きなれないサービスも、
モバイル用サービスとしてサポートしているらしい。

料金と見合えば、安心込みで、
選択肢としていいのではないのかな。


今回は、Baasだったのかな・・。
(ここは資料公開待ちかなぁ)
Moverioから受けたデータをAzureで受け取り、
Azureからガジェットの母艦に、
signalRという機能で渡すらしい。
そして、最後は、UDPで、
ガジェットへという構成。

聞きなれない単語があったけど、
Microsoftの印象としてあった、
すべてをWindowsっていう固いイメージが壊れた印象。
.NETの適用が結構広いことと、
Azureのサポートの広さから、
柔軟性が出てきたのかなーと思ってしまった。

ちょっぴりMicrosoftが好きになれそう。


それにしても、Moverioの調整は、
ABCの会場でEPSONさんにお願いしたらしい。
頼む人もそうだけど、受ける人もいる。
ABCだからこその世界なのかな。


リンク:
ABC 2014春
Moverio(EPSON)
クラウドガール



|

« ABC2014春に行ってきて2 | トップページ | ABC2014春に行ってきて4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/55535216

この記事へのトラックバック一覧です: ABC2014春に行ってきて3:

« ABC2014春に行ってきて2 | トップページ | ABC2014春に行ってきて4 »