« ABC2014春に行ってきて5 | トップページ | RDPサーバでリモートデスクトップ on Ubuntu12.04 »

2014年4月 6日 (日)

ABC2014春に行ってきて6

ABC2014春のカンファレンスネタの最後。
今回は場所移動もなく、
何事もなく場所に留まるだけ。

ただ、前の机に、
2眼のカメラがガンガン積み上がる。


今回の題目は、
「Androidを使った距離センサーの最新動向と実装」

距離センサーの定義が曖昧らしいが、
要に、キネクトっぽい奴が今回のテーマ。

最初に距離センサーの定義をするために、
キネクトに似た製品の紹介があった。
知らなかったけど、意外と少ないかも。。

そして、方式も1種類だけじゃなかった。
キネクト(初代)が使ってるのは、
IRパターンというものらしい。

赤外線を照射して、ばらつきをみるもの。


最近勢いがついてるのは、TOFというものらしい。
Time of Flightの略らしいけれども、
赤外線の照射までは一緒だけど、
戻ってくるまでの時間をみるものらしい。

その為、複雑な機構だが、
その分正確に位置が測定できる。

そして、次のキネクトは、このTOF方式らしい。


ただ、製品としては、
この赤外線による位置測定だけが目玉ではなく、
音だったり、脈だったりがあるらしい。
そして、ボーンの測定の為に、
SDKがある程度重要な役割を持つような感じかな。


話を戻して、位置測定で実際に使う場合、
製品カタログは見た方がいい。
キネクト(初代)はそうだったが、
距離が近いと判定してくれない・・。
(狭い家だったら大変)
他の測定機能もある程度必要だが、
メイン機能が使えないと悲しいからなぁ。
判定距離だけは見ておかないと。

あとは、意外と電源なのかもしれない。
TOFだと、複雑なので外部電源が別に必要そうだし。
USB給電だといろいろ手間入らずなのだけど、
機能がしょぼい感じかもしれない・・。


そして、衝撃な結論として、
Androidとして今使うものは、ほぼないとのこと。
キネクトは、Microsoft限定
(キネクトのライセンスにあるらしい)
XtionはAppleが買収したらしく、製品がなくなりつつ・・。
そして、DepthSenseはバグが有るらしい。

何かに目をつぶらない限り、
DepthSenseの次機種あたりになるのかな。
チップメーカも動き出しているみたいなので、
その辺もいろいろ影響してくるのかな。


ってことで、今の時点だと、
Androidと距離センサーはつらいってことみたい。
ちょっとがっかりな結論だけど、
距離センサーのいろいろはわかってよかったかな。


最後に。。
これでABC2014春は完了かな。
若干忘れてそうなことはあるけど、とりあえず。

リンク:
ABC 2014春
kinect
Xtion PRO LIVE
DEPTHSENSE CAMERAS



|

« ABC2014春に行ってきて5 | トップページ | RDPサーバでリモートデスクトップ on Ubuntu12.04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/55666785

この記事へのトラックバック一覧です: ABC2014春に行ってきて6:

« ABC2014春に行ってきて5 | トップページ | RDPサーバでリモートデスクトップ on Ubuntu12.04 »