« 親レイアウトの外にはみ出る on Android | トップページ | 「彼女との上手な別れ方」を読んで »

2014年11月 5日 (水)

「デビクロくんの恋と魔法」を読んで

久々におちついた感じで、
小説を手に取ってみた。

ライトノベルは結構読んでたのだけど、
出てるところまで読んでしまってた。

季節的に合ってる感じで、
しかも帯によると、
運命的な出会いらしい。
恋に恋してるので、手が伸びてしまった。

そして、パラ読みしたときの
デビクロ通信が最後の決めだった。

デビクロくんの恋と魔法
中村航:著(小学館文庫)


一番最初のページに、最後の描写っぽいのがあり、
そこにたどり着く物語という印象が出て、
期待が膨らむスタートだった。

さらに、最初のデビクロ通信が拍車をかける。

最後まで続くことになる、
デビクロ通信の言葉だけでも、
おもしろさを感じる。
いろいろなきっかけとなる印象があり、
深いときもあれば、くだらないこともある。

ストーリーの大筋は、
幼なじみものの王道っぽいけど、
登場人物のあり方が、
特殊なのかなぁ~。

少女漫画っぽいヒロインの心情とか、
結構好きな感じだった。


こんな恋いいなぁ~って本だった(謎)

映画は・・ちょっと悩みどころかな。。
時間的に大丈夫なのかってのと、
デビクロ通信の表現が心配なので。



|

« 親レイアウトの外にはみ出る on Android | トップページ | 「彼女との上手な別れ方」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/57897475

この記事へのトラックバック一覧です: 「デビクロくんの恋と魔法」を読んで:

« 親レイアウトの外にはみ出る on Android | トップページ | 「彼女との上手な別れ方」を読んで »