« 楽天テクノロジーカンファレンス2015に行ってきて | トップページ | 「独学術」を読んで »

2016年1月 2日 (土)

「速さは全てを解決する」を読んで

あけましておめでとうございます。
昨年もまばらな更新だった。

昨年に読み終わってたけど、
いつものごとく忘れてモンハンクロスをやりふけってた。

速さは全てを解決する
赤羽雄二:著(ダイヤモンド社)

本の著書を読んでないままと疑われそうな
遅い更新を実施してみたが、
判断が早ければ・・と、ごまかしておく。


ゼロ秒思考も同じ人が書いていて、
読んだ気もするのだが、
はっきりと記憶がないのがつらいところ。
基本は、
「完璧を目指さずに、小さなPDCAを回そう」
を勧める本のようだ。

小さなPDCAを回すことで、
方向補正を早めに行い、目標に向かうことが
一番速い道とうたっている。
そのうえで、
依頼内容がはっきりしないことへの対処や、
捨て去るべき状況といったような、
トラブルシューティングに関しての記載もある。

さらに、もう少し具体的なやり方へも言及している。


同様の本を読んだことがなければ、
ちょっと立ち読みして判断するのがいいのかな。




|

« 楽天テクノロジーカンファレンス2015に行ってきて | トップページ | 「独学術」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97274/63275168

この記事へのトラックバック一覧です: 「速さは全てを解決する」を読んで:

« 楽天テクノロジーカンファレンス2015に行ってきて | トップページ | 「独学術」を読んで »